> > > 仕事がない!お金もない!無職借入可能金融ありますか?

仕事がない!お金もない!無職借入可能金融ありますか?

不景気の影響でリストラされたり、会社が倒産したり、仕事を失う人が少なくありません。仕事がなければ収入がありませんし、収入がなければ食費や家賃などの生活費を支払うこともできません。

そんな窮地に立たされた人ほどお金を必要とするわけですが、はたして無職でもカードローンを利用することができるのでしょうか。

審査の緩いカードローンというのはいくつかありますが、無職でも借入できるのかどうか調べてみました。

無職イコール収入なし!そんな状況でも借入できる?

リストラや倒産、また自主的に退職した場合など突然職を失うことがありますが、すぐに再就職ができない場合もあります。きちんと日頃から貯金などをしていればいいのですが、そうでないとすぐに明日の食費もないような状況に陥ってしまいます。

すぐにお金が必要な人にとってカードローンは強い味方なのですが、カードローンの申込にはいくつか条件があります。その条件は借入先によって異なりますが、必ず挙げられるのが安定した収入がある方ということです。

現在では貸金業者に対し、総量規制という法律が施行されています。総量規制によると年収の1/3までしか借入できないことになっています。複数の会社から借入がある場合でもその合計が年収の1/3を超えることはできません。

もしこの法律を無視して貸付を行えば、会社側が罰則を受けることになります。

無職ということは、年収がゼロということですよね。年収がゼロなら限度額もゼロとなってしまうので借入は不可能ということになってしまいます。

それ以前に収入がないということは返済のあてがないということになりますので、返済能力のない人にお金を貸すことはとてもリスクがありますよね。会社側もボランティアではないので返済見込みのない人にお金を貸したりはしません。

カードローンは消費者金融ばかりではなく、銀行カードローンもあり、そちらは総量規制対象外となっていますが、申込条件の多くは安定した収入があることを挙げています。つまり、無職で収入がないと借入は難しいという結論に達するほかありません。

ただし無職でも借入できる例外あり!それはどんな場合?

ただし、カードローンの中には無職でも借入できるケースもあります。それはどんな場合なのでしょうか。

専業主婦

無職でも借入できると言えば専業主婦です。ただし、消費者金融の場合は総量規制が厳しいので専業主婦が利用できるのは銀行カードローンです。また専業主婦の場合、借入条件に安定した収入がある配偶者の承諾を得ることが挙げられます。配偶者の収入証明書が必要となる場合もあります。
(⇒主婦が借入審査で不利になる理由

しかし、中には配偶者には内緒で借入したい人もいるのでそんな人には配偶者の承諾なしで借入が可能な楽天銀行カードローンがおすすめです。限度額は50万円までですが、本人の確認書類のみで借入ができるので人気があります。

年金受給者

年金受給者は年金という収入がありますが無職の人がほとんどです。カードローンは銀行と消費者金融のほかに信用金庫があります。信用金庫が取り扱うカードローンは条件が良くて人気があるのですが、営業地域に在住していることが申込条件となります。

信用金庫のカードローンの中には年金受給者でも利用できるものもありますので、高齢の方は無職でも年金を受給していれば借入できる可能性はゼロではありません。

担保がある

これは特殊なケースと言えますが、もし不動産などに資産があればそれを担保に借入できるカードローンもあるようです。ただし、条件がいろいろありますので、資産がある場合、それを現金化する方が現実的かなと思います。

それでもお金が必要!そんなときどうしたらいい?

基本的に無職だと借入は難しいという話をしてきましたが、それでもどうしてもお金が必要という場合にはどうすればいいのでしょうか?一番いいのが家族や知人にお金を借りることですが、事情があって頼むことができない人もいますよね。

自宅にある不用品をリサイクル店などに持ち込んで現金を得ることもできます。あなたにとっては不用品でもそれを欲しい人がいれば、高く売れるケースもあるようです。衣類、本、CD、骨董品など自宅に眠っているものがあればリサイクルしましょう。手間と時間がかかりますが、一般的にオークションの方が高額で売れることが多いようです。

しかし、最も手っ取り早く、最善の方法はやはり身近なところからアルバイトなどを始めることです。職種を選ばなければなにかしら仕事はありますし、最初は短時間でも構いません。アルバイトを始めれば、安定した収入を得ることができますし、安定した収入があればカードローンで借入ができます。結果的、長い目で見ても、なにかしら仕事を始めることがベストだと思います。

仕事を始めたばかりだと収入も少ないので、なるべくハードルの低い借入先を探す必要があります。審査が緩くて借りやすいおすすめのカードローンをご紹介します。

審査が緩いおすすめの借入先は?

審査が甘いことで人気のカードローンと言えばノーローンです。ノーローンは中堅の消費者金融ですが、新生銀行の傘下に入っています。銀行がバックについているということで安心感がありますよね。

債務整理したのに借入できた、他社は全て否決だったのに借入できたなど嬉しい報告が多くみられますので、仕事を始めたばかりで勤続年数が短くでも借入でき可能性があるかもしれません。

ただし、カードローン審査というのは個人差がありますので、自分で情報を収集することも忘れないでくださいね。(こちらもご参考に→カードローン審査基準をチェック!

ノーローンの金利は4.9%から18.0%、最大で300万円まで借入可能です。ノーローンの最大の強みは1週間何度でも無利息サービスがあることです。

無利息サービスとは一定期間金利がゼロになるサービスです。さらに全額返済した翌月は再び無利息を利用できるのはすごいですね。もし早めに返済できるあてがあれば、利用しない手はありません。

申込資格

年齢20歳~69歳までの安定した収入のある方

必要書類

  • 運転免許証、パスポート、健康保健証などの本人確認書類
  • 借入が50万円を超える場合には収入証明書

申込から借入までの流れ
【1】インターネットで24時間申込可能
     ↓
【2】入力した情報をもとに審査
   審査結果をメールまたは電話で連絡
     ↓
【3】レイク自動契約コーナーまたは郵送にて契約
     ↓
【4】レイク自動契約機にてカードを発行し、その場で借入可能
   郵送の場合、口座振込にて借入可能 

その他のノーローンの特徴としては、新生銀行カードローンレイクのATMを利用できるために利便性が高いこと、また楽天銀行口座を持っていると利用時間が広がったり、楽天ポイントが貯まったりとお得です。  

無職で借入は難しい!まずはアルバイトから始めよう!

残念ながら無職ではいくつかの例外を除いて、借入が難しいことということになります。しかし、アルバイトなどで少しでも収入を得ることができれば、カードローンの申込資格を得ることができます。カードローンの多くはアルバイトやパートなどでも問題なく借入できます。(こちらもご参考に→バイトでも借りられるカードローン情報

結局、収入がなければ借入できても返済できずトラブルのもととなりますので、まずはアルバイトなどの仕事を始めることが長期的にも有意義だと思います。もし病気等が理由で働くのが無理であれば、生活保護を受けることができる可能性もありますので行政に相談することをおすすめします。

勤続年数が短いことで不安を感じるのであれば、できるだけハードルの低い借入先を探しましょう。消費者金融は審査が緩いですが、中でも中堅の会社はおすすめです。今回はノーローンを紹介しましたが、知名度は低くても人気の中堅の会社はたくさんありますので、口コミや体験談などをチェックしてみてください。

【参考ページはこちら】
無職の人におすすめのカードローン情報はこちら

新着記事
カテゴリー
ページトップへ