> > > 未成年でも借入したい…!19歳でも借りられる会社を探してみた

未成年でも借入したい…!19歳でも借りられる会社を探してみた

未成年でもお金が必要なところってとっても多いですよね。高校を卒業して大学などに進学した方も、就職した方もお金がピンチ!になることって思ったより多いです。

特に一人暮らしをしている場合、生活するだけで手一杯…という方も多いのではないでしょうか。自分の周りにもそんな子はたくさんいました。

そんな時のサポートにカードローンがあれば…と思っても、カードローンは20歳以上じゃないと利用できないところばかりです。本当に未成年は一切お金を借りられないのでしょうか?…そんなことはありません!未成年でも借りられる方法はあります!

19歳でもお金は借りることができるの?まずは基本から!

基本のき、とはちょっと違いますが、そもそも19歳、未成年でもお金を借りることはできるのでしょうか?

非常に揉める…といっては変ですが、「未成年では絶対にお金を借りることは出来ない!」という意見と「未成年でもお金は借りられる!」という意見両方見たことがあると思います。どっちが正しいのか?それともどっちも正しいのか?ちょっとわからないですよね。

とにもかくにも、まずはここからハッキリさせてしまいましょう!

基本的に未成年は借り入れNG!その理由って?

まず最初に言っておきたいのは、基本的に未成年はカードローンなどでの借り入れは出来ない、ということです。(こちらもご参考に→カードローンの年齢制限をチェック!

もちろんそれには理由がありますし、「基本的に」なので可能性は0%というわけでもありません。そのことを踏まえたうえで、それでもなぜ未成年は基本的にNGなのかを説明していきますね。

法律の改正により今後どうなるかわかりませんが、とりあえずこの記事を書いている現在、成人とみなされる年齢は「20歳」です。20歳に満たない年齢の方のことは「未成年」といいます。これは日本における常識なので、知らないという方はいないでしょう。

未成年の方は、法律の中で「責任能力が低い者」とみなされています。そのため、法定代理人となれる親権者など…つまり、主に両親が同意していないとお金を借りることは出来ない、とされているんです。

なので、未成年の方でもお金を借りることが出来ないというわけではなく、「親の同意が得られる(同意書を提出できる)ならお金を借りることができる」のが正しいですね。

しかし実際、多くのカードローンでは対象年齢は「20歳以上」としており、未成年は省かれています。同意書が提出できるならいいのでは?と思ったかもしれませんが、それでも20歳以上という指定なのには理由があります。

仮に、未成年の方が未成年では契約できないと知らずにお金を借りたとしましょう。そのことを後に親が知った際、その契約を無効として一方的に取り消しを行うことが出来るんです。契約が取り消された場合、借りていたお金の残額はそのまま返済しますが、借りたうち使ってしまったお金は返済しなくてもいいんです。

10万円お金を借りて5万円使ったタイミングで親が契約の無効を望んだ場合、返済するのは5万円(利息なし)でOK、ということです。

もちろん未成年では借りられないと知っていて同意書のサインを自分で書くなどの故意の借り入れでは契約を無効に出来ませんが、このようなトラブルがいつあるかもわからない未成年の方に対して、リスクを負わないために多くのカードローン会社は「未成年NG」としているわけです。
(⇒未成年でも年齢制限を突破する方法は?

成人とみなされる「例外」はあるが、年齢という面で条件に満たない

ただ、未成年でも「成人」とみなされる例外はあります。それは未成年でも結婚している場合です。…とはいえ、結婚はしていても年齢が20歳以上になっているわけではないので、親の同意書は必要ないものの、利用条件として「20歳以上」と設定している商品は利用することが出来ません。

じゃあ、結局未成年ではお金を借りられないの…?

「それじゃあ、結局未成年のうちはお金を借りられないのか」とがっかりした方もいるかもしれません。特に、高校を卒業して働き始めた方は社会人として立派に過ごしているのに法律的に認められない、というなんとも半端な立場になってしまっています。

しかし諦めることはありません。未成年の方でもお金を借りる方法はいくつかありますので、ケースごとに見ていきましょう!

学生の方であれば、「学生ローン」でお金を借りられる!

未成年でも借りることが出来るカードローン(ローン)の代表格なのは、やはり学生ローンでしょう。詳しくない方も多いと思いますが意外と歴史は古く、大きな大学に通っているなら看板を見たことがある、という方もいるのではないでしょうか。

決して怪しいお店ではなく、学生さんをメインの顧客として営業している消費者金融が学生ローンです。(こちらもご参考に→学生でも利用できる会社を厳選紹介!)学生さんが対象なだけあって未成年でも利用することが可能な店舗も多いんです。多くの学生ローンの中から未成年でも大丈夫そうなところをいくつかご紹介します。

クーリングオフも可能!安心して借りられる「カレッヂ」

学生ローン専門で、ATM設置店であれば審査可決後すぐに利用することが出来る「カレッヂ」は、未成年の方でも利用できる学生ローンのひとつです。

利用条件は

  • 日本国籍の方
  • 大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方
  • 安定した収入のある方

となっており、学生さんであれば未成年でもOKですが、安定した収入…定期的なアルバイトをして収入があることが必須となります。これは消費者金融に対して適用される法律で決められていることなので、収入が0の学生さんはお金を借りることが出来ません。

金利と利用限度額は以下のようになっており、未成年の場合は10万円までしか借りることが出来ません。消費者金融からお金を借りる場合、年収の3分の1を超える金額を借りてはいけないので年収が30万円未満の場合はそれよりも少ない金額しか借りられないことは覚えておきましょう。これはどこでもいっしょです。

金利 利用限度額
17.0% 1~10万円
(成人していれば最高50万円)

また、カレッヂではクーリングオフ制度があり、初回契約日より8日間(未成年の方の場合は16日間)以内であれば、利息0円で、借りた金額のみを返済することで解約することが可能です。もちろんですが期間を超えると適用できませんのでご注意を!

来店・または振り込みでの借り入れが可能ですが、振り込みで借りる場合は銀行のキャッシュカードが必要になります。ATMが設置してある店舗であればATMからの借り入れも出来るようになっています。

返済金額は、利息分を超えていればOKです。余裕のある月は多めに、厳しい月は少なめ(利息分だけ)というような、自分の経済状況に合わせた返済が可能です。

即日融資も可能な学生ローン「マルイ」

新宿・高田馬場にある「マルイ」も未成年の方でも利用できる学生ローンのひとつです。

電話・ネット・店頭と3種類の申し込み方法を選ぶことが出来、しかも即日融資可能という、級にお金が必要になった時に心強い味方となってくれる会社です。新規の方でも30分程度、会員の場合は10分と非常にスピーディな審査は大手カードローンにひけをとりません。

利用できる条件はカレッヂと大きく変わることはなく、

  • 大学生・短大生・予備校生・専門学校生・予備校生の方
  • 安定した収入のある方

と、「学生であること」「収入があること」が条件となっています。予備校生の方でもOKなのは嬉しいですね。

金利 利用限度額
15.0%~17.0% 1~50万円

金利と利用限度額は上記の通りです。こちらもカレッヂと大きく変わることはありません。未成年の方は利用限度額が低くなる、といった記載はありませんが、心配な方は一度電話にて問い合わせてみるといいでしょう。

返済もカレッヂと同様に、利息分は必ず毎月返済する必要はあるものの、それ以上の金額は特に指定されていません。とはいえずっと放っておけばいいわけではなく、最長でも3年間(36回払い)なので、計画的な返済を行う必要があります。卒業しても返済や借り入れは継続できるので、その点も安心ですね。

利用する前に知っておくべき、学生ローン利用時の注意点!

例として2つの学生ローンを紹介させていただきましたが、学生ローンを利用する際に注意しておかなければならないことがあります。

まずひとつめは、学生さんじゃないとダメということ。学生ローンはその名の通り学生さんを対象にしたものなので、いくら収入があっても未成年のフリーターの方や会社員の方が学生ローンを利用できる可能性はゼロ…まではいかなくても、かなり可能性は低いです。

学生ローンを申し込む際、身分証明証として学生証を必ず出してください、という会社は多いです(紛失時は在籍証明書を出すなどで対応してくれることもあります)。むしろ学生証がないと利用は不可としているところが多いというべきでしょうか。

なので、未成年だけど働いているという方は学生ローンからの借り入れは難しいんです。20歳以上になれば学生ローンの社会人対象とした商品を借りられるとは思いますが、その頃には選択肢はもっと増えていますしね…。

お金を借りたい社会人の未成年の方には「ろうきん」がおすすめ

高校を卒業して働いている方からすれば、「学生なら未成年でも借りられるなんてズルい!」と思わず言いたくなりますよね。でも大丈夫です。未成年で頑張って働いている方でも、利用できるカードローンがあるんです!

それが「ろうきん」のカードローンである「マイプラン」です。ろうきんとは「労働金庫」の略で、労働組合や生協などの組織が共同で作った福祉金融機関です。非営利組織、つまり利益を追求しない機関なので金利も低く、利用者にとって優しい商品がとても多いのが特徴です。

会社がろうきんに加盟(出資)していればかなりの低金利、そうでなくても一般的なカードローンにくらべるとずっと低い金利でお金を借りることができちゃいます。

ただ、ろうきんは全国に13あり、それぞれのろうきんで少しずつシステムや金利が違ったりするので、「中央ろうきん」と「近畿ろうきん」の2つをピックアップして細かな仕様をご紹介します。

利用条件は自分がどこに所属しているかで変わる可能性が!

大阪・兵庫・京都などのいわゆる「近畿地方」を営業エリアとする「近畿ろうきん」のカードローン「マイプラン」。この商品は満18歳以上であれば利用できる商品です。

気になるその他の利用条件…の前に、ろうきんでお金を借りる際はまず自分が以下の3つのうちどの区分なのかを知る必要があります。

種類 概要
会員組合員 会社がその地域のろうきんに出資・加入している
労働組合に所属している組合員
生協組合員 その地域のろうきんに出資・加入している
生活協同組合(生協)の組合員、及び同一生計の家族
一般勤労者 会員組合員以外で、地域のろうきんの営業エリア
(中央ろうきんであれば首都圏)に住んでいる、あるいは勤務している

自分がどれになるかで金利などが大きく変わるので、チェックは必須です。よくわからないなら自分の会社の方に聞いてみるのが一番です。

さて、「近畿ろうきん」の場合は会員組合員かそうでないかで条件がこのように変わります。

項目 会員組合員 それ以外の方
年齢 満18歳以上満65歳未満
(未成年は親権者の同意が必要)
満18歳以上満65歳未満
(未成年は親権者の同意が必要)
地域 近畿2府4県に居住・あるいは勤務している
勤続年数 同一勤務先に1年以上 同一勤務先に1年以上、または
営業3年以上の個人事業主・家族従業員
前年度の年収 税込み150万円以上 税込み150万円以上
その他 融資実行時に近畿勤労者互助会に
加入する必要あり(生協組合員は除く)

条件は大きく変わるものではありませんが、少々一般勤労者・生協組合員の方多くなっているのがわかるかと思います。

金利や融資限度額も立場によって変わるので注意!

条件だけでなく、金利や融資限度額も立場によって変わりますので注意が必要です。

金利 融資限度額
会員組合員 6.15%~8.55% 10万円~300万円
生協組合員
一般勤労者
6.55%~8.95% 10万円~100万円

このように金利は0.4%、融資限度額に至っては200万円も違います。また、生協組合員の方、一般勤労者の方は初回は30万円までしか借り入れが出来ません。未成年の方がたくさんお金を借りることはないと思いますが、将来的に継続して使っていきたい場合は要チェックな項目と言えそうです。

ろうきんによっては金利優遇の可能性も!

ろうきんによっては、特定の取引がろうきんとあるだけで、カードローン(マイプラン)の金利を優遇してくれる場合があります。

以下の表は近畿ろうきんの場合ですが、記載していないものも含めてすべての優遇条件を満たすと最大で2.4%も金利が下がり、最低金利が4%以下という驚きの低金利に!

金利優遇項目 引き下げ金利
給与振込口座に指定 0.5%
インターネットバンキング 0.5%
WEB通帳の使用 0.2%

職場によっては給与振込の際、銀行の指定があり難しい場合もあると思いますが、できるだけ負担を減らすためにもこういった優遇は最大限利用するのがいいでしょう。

注意!地域によっては未成年では利用できない場合もある

さて、最後にろうきんを利用する際の注意点について大事なことをひとつ。先ほどから、ろうきんは地域によってカードローンに限らず、おおまかな部分は一緒でも細かい部分は違う…ということがよくあります。

金利優遇についてもないところもあれば、金利優遇幅が最大でも1%にとどまるところがあったりと、自分の対象地域となるろうきんがどのような仕様になっているのかは絶対にしっかりと調べておく必要があります。

様々な違いの中で、マイプランが未成年でも利用することが出来るかどうか、という非常に大きなポイントもろうきんによって違います。以下の表にまとめましたので、自分のところのろうきんはどうかチェックしてみてくださいね。

ろうきん名 未成年OKか ろうきん名 未成年OKか
北海道ろうきん 可能※1 東北ろうきん 不可
中央ろうきん 可能 新潟ろうきん 可能?※2
長野ろうきん 不可?※3 静岡ろうきん 不可
北陸ろうきん 可能?※2 東海ろうきん 可能?
近畿ろうきん 可能 中国ろうきん 一部可能※4
四国ろうきん 可能 九州ろうきん 可能?
沖縄ろうきん 一部可能※5
※1 … 「マイプラン」のみ
※2 … 年齢に関する記載なし
※3 … 5秒チェックシミュレーションにて、生年月日の設定が21歳からのみなので利用不可な可能性あり
※4 … 会員構成員のみ(一般労働者は20歳以上)
※5 … 保証会社がオリコの場合20歳以上

社会人でも学生でもOK!クレジットカードのキャッシング枠

学生ローンはちょっと怖いし、ろうきんはちょっと敷居が高い…と思っている方。それなら、クレジットカードを使ってみるのはどうでしょうか?

「クレジットカードって買い物にしか使えないんじゃないの?」と思ったあなた。それは実は間違いです!クレジットカードでもカードローンのように現金を借り入れることが可能なんです。

クレジットカードにある2つの「枠」って?

クレジットカードには実は2つの「枠」があります。

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

ショッピング枠というのは普段クレジットカードを利用する時に使われる枠のこと。「カード払い」で使われる方、といったほうがわかりやすいでしょうか?

対してキャッシング枠というのは、そのクレジットカードを利用してATMから現金を引き出せる(借りることが出来る)枠のこと。あまり知られていないのですが、実はクレジットカードにもカードローンのような機能が備わっているんですね。

キャッシング枠が多く利用されるのは海外旅行の時。現地の通貨でお金を引き出すことが出来るのでムダに換金することなく便利なので、海外旅行によく行く人の中では常識になっているんです!もちろん国内でも利用は全く問題なし!日本円を引き出せます。

未成年でもクレジットカードのキャッシング枠なら借り入れOK

そして、クレジットカードは親権者の同意こそ必要ですが、クレジットカードを作ることが可能です。そのクレジットカードにキャッシング枠がついているなら、キャッシング枠の中でなら自由にお金を引き出すことが出来ますよ!

未成年でも利用できるクレジットカードのひとつに「ライフカード」がありますので、こちらを例にして見てみましょう。

ライフカードの申し込み資格があるのは

  • 電話連絡が可能な方
  • 日本国内に住んでいる方
  • 18歳以上(高校生を除く)の方

と、未成年の方でも学生さん、あるいは社会人の方であれば親権者の同意は必要になりますが、申し込むことが可能です。

そして、ショッピング枠とキャッシング枠はこのような感じになります。

利用枠 金額
総利用枠 10万円~200万円
ショッピング枠 10万円~200万円
キャッシング枠 0万円~200万円

総利用枠とはショッピング枠とキャッシング枠を合計した枠のことです。

ショッピング枠100万円+キャッシング枠100万円 = 可能(総利用枠200万円)
ショッピング枠150万円+キャッシング枠150万円 = 不可能 (総利用枠250万円)

このように、2つの枠の合計が200万円以内に収まる必要があります。とはいえ心配しなくとも、未成年の方であればここまで枠がとられることはないと思います。ショッピング枠20万円、キャッシング枠10万円程度ではないでしょうか。

キャッシングの金利は15%~18%と、消費者金融や学生ローンと同じくらいになります。決して低い金利ではないので、使いすぎには注意!

クレジットカードを利用する際の注意点はコレ!

クレジットカードでキャッシングをする際の注意点も、もちろんあります。

まずは返済が基本的に1回払いであること。カードによってはリボルビング払い(カードローンのような返済方式)でも受け付けていますが、きちんと設定をしないと1回払いのまま…というのはよくあることです。ちなみにライフカードでは1回払いとリボルビング払いの2種類から選ぶことが出来ます。

自分のみが持っているカードならいいのですが、家族カードを利用したキャッシングをした場合も注意が必要です。家族カードの場合、支払いは親カードの口座から引き落とされることになりますので、自分がキャッシングをしたことが親にバレてしまいます。

親にバレずにお金を借りたい!という方は家族カードにキャッシング枠がついていても、利用は控えることをオススメします。

未成年でも手段を選べば借りられる!でも借り過ぎはNG

非常に限定的ではあるのですが、未成年の方でもお金を借りようと思ったら借りることは出来るんです。とはいえ、やっぱり成人を迎えると一気に選択肢が広がるので、借りなくても大丈夫なのであれば、借りないのが一番…という気もしますが…。

また、借りられるからといって、ついつい借りすぎてしまう、借りるのがクセになってしまう、借りることが前提で家計を計算してしまう…というのはいいことではありません。あくまでもピンチなときのサポートとして利用する、ということを絶対に覚えておいてください。

そうしないとずるずると借り続ける人生になってしまいます。使いドコロを見極める…というのも大人の要素。うまく自分にプラスになるように利用して、お金の使い方がうまい大人になってくださいね!

【参考ページはこちら】
必ず融資してくれる会社ってあるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ