> > > 日雇いだって借入できる?在籍確認できない職業もコレでOK!

日雇いだって借入できる?在籍確認できない職業もコレでOK!

お金を借りるのに職業は関係ありません!安定した収入さえあれば、どなたでもお金を借りることができます。

しかし収入が一定しない日雇いだとちょっと不安です。そこで日雇いのどんな部分が問題になのか、徹底的に考えてみました。

在籍確認などちょっとしたことが原因で審査に落ちてしまわないよう、ちょっとした知識とコツをご紹介しましょう!

日雇いでもカードローン申込みは可能なの?徹底検証!

1日から数日単位でお金を稼げる日雇いは、短期間しか働けない人には最適ですよね。しかしはっきり言って、カードローン審査にはとても通りにくい勤務形態です。

しかし日雇いの方にこそ、カードローンは必要アイテムかもしれません。とりあえずは申込み段階で拒否されていてはどうにもなりませんので、そこのところから調べてみました。

各社の申込み対応はどうなっているのか?

どの企業の説明を見ても、「日雇いはダメ」という記載は見つかりません。でも「正社員でなくても大丈夫」「アルバイトでも申込める」という文句はよく見かけても、「日雇いでも大丈夫」という言葉もまた見当たらないのです。
(⇒様々な職業の方にオススメのキャッシング情報

実際のところ、各社の対応はどうなっているのでしょう?申込書の「勤務形態」の選択項目の中から、日雇いにマッチしそうなものをピックアップしてみると、以下のような項目が見つかりました。

【アコム】
※派遣
※期間・季節
※アルバイト・パート
【アイフル】
※派遣
※期間契約
※アルバイト・パート
【プロミス】
※派遣社員
※アルバイト・パート
【フクホー】
※派遣社員
※時勢従業員
※アルバイト・パート

いずれにも「日雇い」という項目はありませんが、(短期間の)アルバイト、(短期間の)派遣、あるいは時勢従業員や期間契約として申告すれば問題ないでしょう。

日雇いでも審査に通る?日雇い仕事の決定的な2つの弱点とは?

では次に、実際の審査を通過できるのかどうかを考えてみましょう。先ずは、日雇いの何が審査において弱点になるのかを検討してみました。

日雇いは収入の不安定さが問題!

日雇いで何より問題なのは、収入が不安定なこと。同じ金額の収入なら、やはり長期アルバイトの方が審査では有利になります。
(⇒バイトにもオススメの借入法

お金を借りると毎月一定金額を返済することになるため、収入が安定していることが何より重要視されるからです。

〈甲さん〉1月の収入 10万円
     2月の収入 10万円
     3月の収入 10万円
〈乙さん〉1月の収入 25万円
     2月の収入 0円
     3月の収入 10万円

上の例だと甲さんの方が収入総額は少ないのですが、毎月安定した収入があるので審査には通りやすいでしょう。一方で乙さんの収入を見てみると、3月は大丈夫でも2月以降の返済は苦しくなりそうですよね。

そして日雇いの方の収入は、乙さんのようなパターンになりがちです。そのため日雇いだということが分かると、どうしても審査上は不利になることは避けられません。

しかし実際には乙さんがきちんと返済しないとは限りませんし、逆に甲さんの方が、お金があっても返済しない可能性だってあります。ただその確証がないために、収入という外見から判断をするしかないというのが実情なのです。

日雇いは在籍確認が問題!

またカードローン審査では在籍確認が欠かせない手続きですが、日雇いの場合は、電話での確認が非常にとりにくいという問題があります。

というのも、日雇いの仕事には、以下のように確認が取りにくい条件が重なっているからです。

  • 登録先・仕事先のどちらを申告するべきか分からない
  • 短期の仕事なので確認がとりにくい
  • 電話に出にくい仕事内容である

日雇いだと仕事先の方でも働いている人を把握しきれませんし、勤務内容も外部からの電話を取り次いでもらうことが難しいケースが多々あります。

そのため実際に働いている先の連絡先を申告した場合、なかなか在籍確認がとれないということにもなるのです。

日雇いもお金を借りれる!?審査上の弱点を解決する方法とは?

ではこれら日雇いの弱点を、どうやったらカバーできるのでしょう?収入にバラ付きのある日雇いだからこそ、カードローンはどうしても手に入れたいものですよね。ぜひこちらの方法を参考に、審査をクリアしてください!(こちらもご参考に→審査無しで借入できるところはある?

アルバイト・派遣として申込むけど・・・

収入の不安定さから審査の通りやすさを推定してみると、下のようになります。つまり日雇いは、カードローンの審査上、最も不利な勤務形態だということになります。従って日雇いであることが分かってしまうと、審査に通ることはかなり難しくなってきます。

審査に通りにくい順番は・・・?
正規雇用 > 派遣 > アルバイト > 日雇い

ただ申込書の職業選択の欄に、「日雇い」という項目は見当たりませんでしたよね。自称日雇いの方も、短期アルバイトばかりしている人や、日雇い登録をして単発の仕事をしている人など、その内情は様々です。

いずれの方も「アルバイト」「派遣」として申込んでも決して嘘にはなりません。ならば少なくとも申込書上では、収入の不安定な日雇いであることまでは、相手に伝わらずに済むのではないでしょうか?

しかし現実にはそうはいかないのです。なぜなら、審査には勤務先に電話をかける在籍確認という手続きがあるからです。

在籍確認は勤務先との協力でカバー!

日雇い審査可決の最大のポイントは在籍確認だと言えます。しかし日雇い派遣は勤務先が一定しませんし、また仕事場の対応も不備だったりして、電話をかけてもなかなか確認はとれません。これでは借入は実現しませんよね。

そこでカードローンの申込書では、派遣会社に登録している人は、そちらの連絡先を申告することになっています。しかしそこから日雇いであることが確定されてしまうため、これはこれで審査上不利な状況になってしまいます。では一体どうすればいいのでしょう?

そこで、先ずは在籍確認がやりやすそうなアルバイトを見つけてそこに雇われた上で、カードローン申込みをすることをお薦めします。

そして申込書ではそのアルバイト先を申告し、そこに在籍確認電話をかけてもらうようにします。同時にアルバイト先の方にも、確認電話についてあらかじめ了解を得ておきましょう。

短期の仕事としては以下のような職種が人気ですが、電話のために中座できないものも多いですよね。でも在籍確認は、本人が電話に出なくても構いません。担当者の方には「電話が入ったら仕事中だと答えてほしい」と伝えておけば、確認は無事完了します。

  • イベントスタッフ
  • 交通量調査
  • 引越作業
  • 工場勤務

ただし審査にパスするには、明らかに日雇いぽい職種よりも、引越作業や工場勤務など長期バイトも考えられる仕事の方が良いでしょう。

また在籍確認のことをお願いしなくてはなりませんから、カードローンを申込むのは、仕事が落ち着いてからにした方がいいですね。従って今回のアルバイトは、少なくとも数日以上の期間であることが必要となります。

希望額50万円以下で申込むのがコツ!

収入の不安定さは日雇いの方にとって最大のネックですが、実はこのことは隠しておけるんですよ。消費者金融のルールでは、希望額が50万円以下(他との合算で100万円以下)なら収入証明書類の提出は不要だからです。

低額の申込みなら前年度の合計年収を自己申告すれば良いので、収入0円の月があったとしても、審査上は全く問題はありません。これより多い額を借りようとすれば源泉徴収票などの提出を求められますので、50万円以下のなるだけ低い希望額で審査を通過するのがコツです。

また収入のある人と同居していると、審査ではダンゼン有利になります。例えば現役で働いている親と同居している人や、配偶者が正社員であるケースなら安心です。これならば日雇いでも可決する可能性大です。

日雇いがお金を借りるならコレはダメ!勤務先の嘘とルール違反

日雇いでもお金を借りる可能性はゼロではありません。それなのにルール通りに審査を受けることを諦めてしまい、ズルをしてお金を借りようと考える人もいます。

でも余計な小細工をしてしまうと、バレた時には尚更お金が借りれない状況になってしまいます。最後に、そんな陥りやすい危険性についてご紹介しましょう。

無職で登録だけするのは無理がある

無職の状態のままお金を借りるために、日雇い派遣の会社に登録だけするという方がいます。でも既にご説明した通り、日雇い登録自体が審査に通りにくい要因ですから、このような嘘をつく意味は殆どないと言えます。

しかも登録だけしかしていない人の在籍確認がとれるかどうかも疑問ですよね。 実際に働いていないことがバレてしまうと、即審査には落ちてしまいます。

そして審査を受けて落ちれば、その分信用情報は汚れてしまいます。これが次の申込みにも影響しないとは限りません。嘘をついても意味がないばかりか、ダメージが残るだけという結果になるので、こういうことはしないに越したことはありません。

アリバイ会社を使うのはお金の無駄?

またアリバイ会社を使って正社員のフリをすることも考えられますが、これは借りれるお金の額に対して、非常にコストのかかる方法です。

しかも貸金業者に対してアリバイ会社を使うと、バレる可能性が非常に高いと言われています。お金を貸す方はその道のプロですから、誤魔化しや嘘を見抜く技量が半端ではないからです。

嘘がバレると、利用停止になったり一括返済を求められたりと、より困難な状況に陥ってしまうのが関の山。いつそうなるのかドキドキしながらカードローンを使うよりは、少額でも正直な申告で堂々と借りれる方がずっといいですよね。

どんなに落ちやすいと言われる状況であっても、正直な申告は最も審査に通りやすくなる秘訣なのです。

【参考ページはこちら】
派遣社員でもキャッシングはできる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ