> > > 家電話は無しの借入もある?金融機関から電話がかかるケースとは

家電話は無しの借入もある?金融機関から電話がかかるケースとは

少し昔の融資では、『家電話がないとお金を借りるのも困難』だった時代がありました。今ほど連絡方法が発達していない時代では、固定電話が一家に一台必要となり、世代によっては信じられないと驚くでしょう。

時代は変わり、今は固定電話を持つ人が減ってきました。それも携帯電話の使い勝手が非常に良くなったからで、契約プランによっては家電話以上に使いやすいですね。そうなると、現代でも固定電話がカードローン契約に必要なのか、気になるところです。

そもそも、金融業者から家に電話がかかってくる状況とは、どんなものでしょうか?その条件について勉強しておきましょう。

家電話はなぜ必要だった?融資対応の変化を知る

その昔、家電話は以下のような理由で必要とされていました。

  • 家電話がないと連絡に時間がかかるから
  • 融資でも必要とされる身元確認ができないから
  • 経済力の誇示として必要だったから

総じて『携帯電話がなかったから』という理由に終始しており、今でも家電話しかなければ、カードローン審査でも欠かせない存在だったでしょう。

融資の基本的な仕組みは昔から変わっていないものの、申し込みや審査、実際に借りる手間の軽減のため、金融業者の多くは時代に合わせた進化をしています。とりわけ、電話に関してもかなり柔軟な対応をしているでしょう。

具体的に、『今でもカードローンを作るために電話が必要なのか?』についてお答えします。

家電話はもう不要!?携帯電話でも作れるカードローン

現代でも家電話が必要かどうかでいえば、『状況にもよるが必須ではない』ため、賃貸などで暮らす人も安心でしょう。

金融業者で重要なのは『本人と連絡が取れる電話番号が一つはあるかどうか』なので、家電話かどうかは問いません。携帯電話を所持しているなら、すでに連絡方法に関しての問題はクリアしているでしょう。

ただ、家電話も特定の条件下では役立ちます。

  • 携帯電話を持たず固定電話しかない場合
  • 家をオフィスにして仕事をしている場合
  • ちょっとでも融資審査を有利にしたい場合

家電話でしか連絡できなかったり、家が会社だったりすれば記入の必要性はあります。また、『家電話を所有していると審査で若干有利になりやすい』ため、記入に抵抗がないなら申告しておきましょう。

携帯があれば未記入OK!内緒でカードを作るコツとは?

携帯電話と家電話の双方を持っていると、稀に「家電話もあるなら両方書かないと…」と律義に考える人がいます。確かに審査で有利になるし、前述の通り不都合がないなら記入しておくべきです。

ただ、家電話に電話がかかってきた場合、自分以外が出ることで「内緒で使いたかったのに家族にバレてしまう!」と不安になりませんか?そうした事情があるなら、簡単に対策ができます。(こちらもご参考に→誰にもばれずに借入はできるの?

自分用の携帯電話と家族共有の家電話がある場合、携帯電話だけ記入しても問題はありません。

二個目以降の電話番号の記載は、多くの会社で任意になっているため、携帯電話一つあれば十分なのです。家電話しかなくて家族にバレたくないというなら、融資の申し込み前に安いガラケーでも契約しておきましょう。

なお、家族に内緒にしなくても良い場合、家電話への連絡全てを気にする必要がなくなります。カードローンを家族のために活用するなら、先に相談しておくと面倒がありません。

家電話にはなぜかける?金融業者2つの意図について

もしも『家族には内緒にしたいけど、家電話の記入はしないといけない…』という場合、気になるのは「どんな理由があって金融業者は家に電話するのか?」という点ですね。

その意図については、2つに分けられます。

  • 本人確認のために連絡
  • 家電話の番号確認のために連絡

本人確認についてですが、これは言葉通りです。「○○様でしょうか?」といった感じの電話をかけてくるので、それに対して返答するだけであり、難しい会話はありません。生年月日などを求められる可能性もありますが、気になるほどではないですね。

そして最も起こりやすいのが『家電話の番号確認』です。携帯電話と両方記入しておけば、本人確認は主に携帯へかかります。しかし家電話もある場合はそちらにもかける必要があり、合計で二回ほど応対しなくてはいけません。

家電話を記入すれば確実にかかるのですが、そこで心配なのが「家族が出たらどうしよう…」というものですね。

本人以外が出ても安心!?プライバシー優先な金融業者の応対

もしも家にかかってきた際に家族が出て、金融業者名を名乗られたら一巻の終わりですが、そんな心配は無用です。

金融業者は融資を受ける人のプライバシー保護を優先しており、本人以外が電話に出た場合、会社名を名乗ることはありません。

では、実際にどんなやり取りになるのでしょうか?以下、『家電話で本人以外が出た場合』の一例です。

業者「お忙しい中失礼します、(電話した人の個人名)と申しますが、(申込者名)様はご在宅ですか?」
家族「今はいませんがどんな用ですか?」
業者「失礼しました、急ぎではありませんので日を改めさせていただきます」

大体はこんな感じですね。金融業者は『電話した担当者名』を名乗るため、もしも後で家族から追求されたら「電話番号を交換した取引先だよ」とでも言い訳できるでしょう。

また、会社によっては『保険会社名』や『銀行名』など、『融資とはバレにくい安心できる提携業者名』を出すこともあります。

確認以外で電話も?その他の金融業者からの連絡について

こうした確認の電話さえ凌げればもう安心…といいたいところですが、実は家電話にかけてくる可能性は残っています。

  • おすすめ商品の紹介
  • 優遇金利などのキャンペーンのお知らせ
  • 延滞した際の督促

たとえば複数のカードローンを扱っている会社だと、「こちらのカードに切り替えませんか?」みたいな連絡が来ることもあるでしょう。よりお得な商品を勧めてくれるのですが、人によっては余計に感じますね。

おすすめ商品や金利の優遇ならまだしも、問題は督促です。返済に遅れるようなら向こうも取り立てが必要なため、相談も含めて電話をかけるでしょう。督促はこちらが全面的に悪いとはいえ、理由が理由だけに家族にバラしそうで怖いですね。

しかし、金融業者はあくまでプライバシーを優先してくれるため、よほど重度の延滞(長期延滞や高額な残高が残っている場合など)でもない限り、会社名を家族に名乗ることもありません。

対策は簡単!カードローンで本人確認以外の電話をなくすコツ

名前を名乗らないとはいえ、希望していないのに電話をかけられてはたまりませんよね?

だから多くのカードローンでは、『本人確認ほど重要でもない連絡』については、対応を指定できます。

  • おすすめ商品やキャンペーンは不要だと伝える
  • 電話するなら携帯のみを希望する

こうした対策をしておけば、家電話への不用意な連絡はなくなります。本人と電話番号の確認は必須なのですが、それ以外の連絡は相談しやすいでしょう。

さすがに督促だけは連絡をなくせませんが、そもそも延滞しなければ電話してきません。これは融資を使うなら当たり前なので、自分が遅れたせいで督促の電話がかかっても、さすがに文句はいえないでしょう。

遅れずに真っ当な利用をしていれば、カードローン利用での連絡なんて年に数回あるかないかです。

メールでもお知らせ可能!ネット対応が優れた金融業者について

家電話から置き換わった連絡方法といえば携帯電話ですが、インターネットを介したメールを使う人も増えてきましたね。そしてネット申し込みができるカードローンも増えたように、連絡の一部をネット経由に変更可能な業者もいます。

主に大手の銀行や消費者金融に限りますが、インターネットから申し込むことにより、『お知らせや明細』を『メールや専用ページ』にて受け取れるようになります。これらを上手く使うことで、より家電話への連絡を減らせるでしょう。

公式サイトにログインしたりメール受取を希望したりすれば、以下のような情報を電話以外でも確認できます。

  • お得なお知らせ
  • 増額などの手続きの結果
  • カードの利用状況

どれも家電話でも受け取れますが、インターネットを活用すればそちらに集約できますね。よりプライベートな融資を使いたいなら、時代に合わせたテクノロジーを活用しましょう。

【参考ページはこちら】
キャッシングに関するおすすめQ&A

新着記事
カテゴリー
ページトップへ