> > > サラ金のカードローンって微妙?お得に借入金を用意するには

サラ金のカードローンって微妙?お得に借入金を用意するには

サラ金業者は全盛期に比べると減りましたが、利用者はいまだに多く、むしろ昔に比べて使いやすくなったとも評価されます。特にカードローンという借入方法は、現代で最も優れた現金融資でしょう。

ただ、利用者の多さとは裏腹に「サラ金って悪いイメージがあるかも…」と考える人もいます。さらに、「サラ金のカードローンって他の業者より微妙じゃない?」と聞きませんか?

サラ金のカードローンについては、『その人の使い方次第』で善し悪しが決まりやすいです。そこで、お得なサラ金の利用方法をお教えします。

名前もスタイルも大きく変化?現代のサラ金について知ろう!

最初にいっておきたいのが、『現代ではサラ金という名前は正式名称ではない』という事実です。

サラ金とは昔の名称であり、現代では『消費者金融』という呼び方に統一されています。名前が大きく変わったと同時に、その営業スタイルにも大きな変化が見受けられるでしょう。

ネット上では今でもサラ金と呼ぶ人が多いですが、それはサラ金時代に利用していた名残です。消費者金融側は昔の名称で呼ばれることを好みませんので、きちんと『消費者金融』に呼称を統一してください。

さて、そんな消費者金融のカードローンですが、お得に使うコツは3つほどあります。

  • キャンペーンを利用する
  • 短期返済を心がける
  • 限度額を地道に増やす

それぞれのポイントについて詳しく説明するので、これから消費者金融に申し込む人、そしてすでにカードローンを持っている人はぜひ参考にしてください。

狙い目はキャンペーン期間!最もお得に融資を受けるには

どんなカードローンよりも消費者金融がお得になる瞬間とは、やはり『金利優遇のキャンペーン期間』でしょう。

消費者金融のキャンペーンにはバリエーションがありますが、大体は以下の条件にて開催されています。

☆特定期間タイプ
『一定の期間内(およそ数ヶ月前)に融資を受ける場合、お得な金利で借りられる』というキャンペーンです。開催は不定期ですが、長期間お得に借りられる可能性があります。
☆初回特典タイプ
『契約して始めて融資を受けるときのみ金利が下がる』というキャンペーンです。初回利用でしか適用されませんが、初めてカードローンを使うならほぼ確実に受けられる特典でしょう。

この2つのうち、『初回特典タイプ』は安定して提供されている業者が多く、たとえば消費者金融大手の『プロミス』は条件さえ満たせば、始めて利用する誰もが特典を受けられます。

その他にも『不定期で開催されるキャンペーン』も自分の利用タイミングと重なれば、非常に好都合ですね。

タイミングが大事?消費者金融のキャンペーンを活かすには

キャンペーン中こそ銀行よりもお得な消費者金融カードローンですが、闇雲に狙っても活かすことはできません。もしもキャンペーンをフル活用したいなら、以下の点を押さえておきましょう。

  • 無利息期間中に完済できそうか?
  • 自分が使いたいタイミングと重なっているか?

金利優遇キャンペーンを最大限活かすには、『お得な金利のうちに完済できるかどうか?』で、もしも無利息期間中に完済できれば、一切の金利負担がありません。

多くのキャンペーンは『一定期間中のみ』金利が下がるため、もしも期間内に開催できない場合、普通の金利に戻ります。短期間だけでも恩恵はありますが、銀行に比べて消費者金融は元の金利が高めなので、長期利用では分が悪いです。

不定期開催キャンペーンは自分の都合に合わせにくいですが、初回特典は確実に狙えるため、「初めてカードローンを作るけど、短期間で完済できそう」という場合には最高の選択肢でしょう。

短期返済で誰でもお得!?カードローンの利息方式に注目

カードローンの気になる利息ですが、『日割り計算』にて発生するのはご存じでしょうか?

☆金利18%で10万円を借りた際の1日あたりの利息額
10万円×年率18%÷365日=およそ49円

1日ごとに利息加算と聞けば少し怖いかもしれませんが、逆にいえば『1日でも早く完済すれば余計な利息負担を減らせる』のに気付きましたか?

カードローンの返済は毎月の引き落としに任せっぱなしでも良いですが、以下の方法も活用して早めに返せば、もっとお得に使えます。

  • ATMや銀行振り込みで任意返済を行う
  • 残りの返済残高が少ないなら一括返済を実行する
  • 毎月の引き落とし額を多めに指定する

毎月の約定返済さえ遅れていないなら、任意返済などは自由に行えます。自分の懐事情に合わせて、できるだけ早い返済を心がけましょう。

長期返済なら銀行融資も視野に?カードローンは使い分けも大事

短期間で返済を終えた場合、銀行と消費者金融の利息負担は大差ありません。しかし、返済が長引くほど両者の差は大きくなります。(こちらもご参考に→キャッシングの利息に関するおすすめ記事

たとえば消費者金融の平均的な金利(18%)と銀行の平均的な金利(14.5%)で比較してみましょう。

☆消費者金融(10万円の融資を年率18%で計算)
10万円×年率18%÷365日×600(利息が発生する日数)=29589円
☆銀行(10万円の融資を年率14.5%で計算)
10万円×年率14.5%÷365日×600(利息が発生する日数)=23835円

金額や返済期間に応じてこの差はさらに開くため、短期返済以外では消費者金融の良さを活かせません。

もしも長期返済になりそうなら、そのときだけ銀行のフリーローンで借り入れて、普段のちょっとした融資でのみ消費者金融のカードローンを利用する…こうした使い分けも意識してみましょう。

下限金利は要チェック!増額で変わる消費者金融の使い勝手

カードローンの金利に注目してもらいたいのですが、『上限値』と『下限値』があるのに気付きましたか?

銀行と消費者金融では金利に大きな差があるものの、実は下限金利では大差ないことがほとんどで、増額を続けると消費者金融カードローンもお得に利用できます。

たとえば、消費者金融の『アコム』と銀行の『三菱東京UFJ銀行』のカードローン金利を見比べてください。

会社名 金利
アコム 4.7%~18.0%
三菱東京UFJ銀行 4.6%~14.6%

上限金利こそ銀行のほうが低いですが、下限金利ではわずか0.1%とほぼ気にならない差です。金利は限度額に応じて下がっていくため、消費者金融のカードローンならより増額が欠かせないでしょう。

増額には根気も必須?カードローンをより良い条件で使うコツ

消費者金融のカードローンを作ったのなら「一気に限度額を増やしてお得に借りよう!」と思いますよね?ですが、限度額を増やすには根気が必要です

カードローンの増額を行うなら、守るべき点が多いのを覚えておきましょう。

  • 定期的に融資を利用する
  • 返済にはもちろん遅れない
  • 限度額は大抵少しずつしか増やせない

カードローンの増額は一気に増やせるわけじゃなく、大抵は10万ずつのペースで増加します。

しかも増額するなら定期的な利用、さらには返済を繰り返す必要があるため、必然的に時間はかかりますよね?一度増額に申し込むと次回申し込めるのは最低でも半年後なので、単純に考えても『1年に2回しか希望できない』のです。

消費者金融側から増額を申し出るなどの例外もありますが、下限金利で融資を受けるなら、長い付き合いを視野に入れましょう。

金利もお得!おすすめのカードローンを提供する会社一覧

それでは最後に、『お得なカードローンを提供している消費者金融』を紹介しておきます。

会社名 限度額 金利
アコム 最大500万円 4.7%~18.0%
アイフル 最大500万円 4.5%~18.0%
プロミス 最大500万円 4.5%~17.8%
モビット 最大800万円 3.0%~18.0%
これらの業者は金利がお得というだけでなく、豊富な限度額に加えて『大手消費者金融』という安心感もあります。小さめの消費者金融はこれよりも条件面で劣る場合が多く、まずはこの4社から検討してください。

どこも即日融資に対応しているため、「今すぐお金が欲しい!」という人でも安心です。今回説明したお得な利用法も活かしつつ、カードローンを使いこなしてみましょう。

【参考ページはこちら】
保険証はサラ金の身分証明書になる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ