> > > 本当にあるの?借入限度額を越しても借りれる方法!

本当にあるの?借入限度額を越しても借りれる方法!

キャッシングやカードローンにつきものなのが借入限度額。普段はなにげなく、意識せずにお金のやり取りをしていても、本当はとても大切なことです。

意識せずに使っていると、借入限度額に達したことに気づかず、突然、取り引きを停止されてしまう危険性があります。一度停められてしまうと、復活させるのが大変です。

でも、借入限度額よりも多く借りたい時もありますよね。そんな時はどうすれば良いのでしょう。借入限度額を越しても借りられる方法をチェックしておきましょう。

意識しよう!借入限度額の重要さ

借入限度額とは、「その金融機関から借りられる最大の金額」です。これは契約時に設定されるものであり、大抵は低い金額から始まります。消費者金融なら、低ければ数万円、平均的には10万円~30万円というところでしょう。

利用することによって、借入限度額が上がっていくこともあります。最初は数万円しか借りられなかった人でも、いつの間にか数百万円になっていたということも珍しくないかもしれません。

ここで気になるのが、消費者金融などの貸金業に適用される総量規制です。年収の三分の一までしか借りることができないというものですね。

項目 特徴
借入限度額 一社のみで設定された社内ルール・独自審査による金額
総量規制 国家が制定、全ての貸金業で借り入れる時の金額

総量規制が借入限度額に関係あるのかと言うと、この通り、全く関係ないと断言できます。借入限度額はあくまでその金融機関だけで通じるものであり、他の金融機関と共通するものではありません。

限度額の決め方は?申し込み時の年収に注目!

次に気になるのが、限度額の決定の仕方でしょう。人によって限度額が変わってくる理由は何なのでしょうか。それは申し込みの時に申告した年収などによります。

  • 申し込み時の年収
  • 他の金融機関からの借入残高

年収が少ないのに借入限度額を高く設定することは難しいですよね。返済が追い付かなくなってしまう可能性を否定できないからです。借入と返済のバランスを取るために、審査での年収チェックは欠かせません。
(⇒キャッシングと年収の関係

他の金融機関からの借入がある場合は、その残高も重要なチェックポイントになります。あまりにも多いと、やはり返済に問題が生じる危険性を否定できませんよね。ほどほどのバランスが重要です。

このように、借入限度額を決める時には、この二つの項目を特に重要視します。何はともあれ借入と返済のバランスを取る、ということが何よりも大切なのですね。最も良いバランスだと判断された金額に設定されると覚えておきましょう。

限度額はどこでも一緒?会社ごとの設定あり!

複数の金融機関からお金を借りる時、借入限度額はどこの金融機関も一緒になってしまうのでしょうか? 各社ごとの設定とはいえ、数社に同じ金額に設定されたという話も耳にします。

これは各金融機関が相談をしたわけではなく、やはり審査の段階で独自に判断されたと考えられます。審査の時には信用情報を参照しますので、他社で申し込んだ履歴や利用状況などが分かります。それを材料に判断すると、どこも同じような金額設定になったということでしょう。

信用情報は信用情報機関で参照することができます。ご自分の情報を見たいと言う人は、開示手続きを取ってみましょう。ご自分のクレジットヒストリーを抑えておくと、申し込みの際、限度額などが予想できて便利ですよ。

取り引き停止!?復帰の方法は

借入限度額を意識していないと、突然のトラブルに見舞われることがあります。中でも、限度額を越えている、あるいは限度額に近いことに気が付かなかったという時が最悪です。

限度額を越える借入をしようとした場合、取引停止になってしまうことがあります。お金を借りることができなくなってしまうのです。今までのようにATMにカードを入れたら、画面に取引停止の表示がされていた……ということもよく聞きます。

厄介なのは、特に連絡がなく、突然停止されることがほとんどだという点です。実際に取引停止になるまで分からないので、急にお金が入用な時などには本当に困ってしまいますよね。

ここにも注意!消費者金融は総量規制も視野に!

取引停止になってしまう条件として、借入額が多すぎるということが挙げられます。いくら限度額に達していなかったとしても、他の会社からの借入がかさんでいたのであれば、それ以上の融資をしたくないと思うのは当然のことです。

また、借入限度額そのものは総量規制に関係ないと説明しましたが、取引停止などを考えた場合には、多少ならず関係してくることを覚えておきましょう。総量規制に近い借入額があると、借入限度額まで余裕があったとしても、金融機関側の判断で取引停止を行うことがあります。

これは貸し倒れを防ぐ金融機関側の事情と言えますが、それだけではありません。利用者が借入をしすぎて、返済に困ってしまう状況に陥ることを防いでいるとも言えます。取引停止になったら改めて借入額をチェックしてみましょう。

取引再開はどうすれば?とにかく返済を頑張ろう!

借入限度額や総量規制の関係で、取引停止になってしまった時、一番にすることは返済です。借り入れている金額をとにかく減らし、限度額や規制額から遠ざけることが重要と言えます。

  • 借入限度額、総量規制が危ぶまれない金額までの返済
  • 過去を含め、返済遅延などを絶対に行わない

取引再開にはこの二点が非常に重要視されます。返済そのものは、普通に働いていれば可能であったとしても、うっかり返済遅延などがあっては元も子もありません。一度の遅延で再開が年単位で遠ざかることもありますから、注意して下さいね。

また、一度取引停止になったとしても、取引停止そのものが悪い記録として残るわけではありません。きちんと返済さえしてしまえば大丈夫ですので、その点は心配いりませんよ。

限度額を越えて使いたい!そんな時には

利用を繰り返していると、限度額を越えた金額を借りたくなることがあります。その理由は様々ですが、大体の人は以下のような理由だそうです。

  • 他社からの借入を一社に絞るようになったため
  • 今までの限度額があまりにも低く、不便すぎるため

大きな理由はこの二つであることが多いようです。どちらも納得できる理由です。ただ単に「たくさんのお金を使いたいから」という理由よりは健全で、安心ですね。

しかし、問題は「借入限度額を越える金額の借入はできない」ということです。これでは困りますので、借入限度額を増やしてもらえるようにしなくてはいけません。

ちょっと面倒?限度額アップの申し込み

借入限度額を増やすには、自分で申し込むことができます。手続きとしてはそれほど難しいことはないのですが、この手続きを嫌がる人が多いのもまた事実です。

その理由が「また審査があるから」ということです。最初の契約の時、面倒な申込書を書いたり、様々な書類をそろえたりしましたよね。結構な手間だったのではないでしょうか。

限度額アップの時には審査があり、その内容は、最初の申し込みの時とほとんど変わりがないというのが実情です。その手間を考えると、ついつい躊躇ってしまう人がいるものも理解できることでしょう。

増額申し込みは勢いも大事!条件をそろえて連絡を!

とはいえ、手続きをしなければ永遠に増額できません。ここはひとつ、思い立った時にさっさと済ませてしまいましょう。

  • 申込書
  • 身分証明書
  • 収入証明書

必要とされる書類はこの三種類です。三種類だけとはいえ、人によっては収入証明書の準備が面倒かもしれません。特に、最初の申し込みから年収が上がっている人は、増額審査の時のアピールポイントになりますので、絶対に外せません。

ただし、希望の限度額によっては収入証明書を必要としないケースもあります。事前にホームページや問い合わせなどで確認しておくと良いでしょう。

今はホームページからも増額の申し込みができる金融機関がほとんどです。窓口に行く時間がない人は、ぜひ利用しておきましょう。

限度額アップのお誘いは全力で乗ろう!

ここまでは「自分から増額を申し込む」というスタンスで説明をしてきました。しかし、実は自分からではなく、金融機関側から増額のお誘いが来ることもあるのです。

  • 一定数以上の利用がある
  • 返済に滞りがない
  • 総量規制に余裕がある

以上の条件を満たしている人には、増額可能であるという連絡が来ます。金融機関側としても、優良顧客には良いサービスをしたいと思うものですし、引いては利益に繋がります。

消費者金融であれば増額の勧誘は速く、人によっては数週間で連絡が来ることもあります。平均でも数か月以内には声をかけられることが多いようですよ。

金融機関側から声をかけられたということは、審査に挑んでも通過する確率がかなり高いと言えます。これは遠慮せず、アップできるうちにしておいた方が良いでしょう。使うかどうかはともかくとして、使える幅が広いにこしたことはありませんからね。

結局は地道な努力が一番の近道!

借入限度額を上げる一番の方法は、結局、地道に利用して、しっかり返していくこと。簡単なようですが、繰り返して行くと少し油断して、ついつい遅延してしまったり……なんてこともあるかもしれません。

しかし、一回の遅延が限度額アップのチャンスを遠ざけるのは間違いありません。あなたの信用情報は傷ついて、信用回復までに大変な時間がかかってしまうでしょう。

信用第一で利用していれば、いつしか評価が上がり、限度額アップにつながります。急がば回れの精神で、コツコツと利用していきましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスでも増額はできるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ