> > > 年収から借入可能額が決まる?カードローン限度額の仕組みとは

年収から借入可能額が決まる?カードローン限度額の仕組みとは

カードローンを作りたいなら、『年収』は審査で欠かせないステータスです。年収が多いと毎月の返済も安定するため、いわゆる富裕層は金融業者にとっても優良顧客でしょう。

年収の数値は審査の通りやすさに関わるだけでなく、『借入限度額』の決定にも影響があります。人によっては「大体これくらいは借りられないと困る…」という事情もあるため、年収による制限は気になりますよね?

大金を借りたい場合もかなり重要なポイントなので、申し込み前には把握しておきましょう。

限度額には差がある?融資審査での振れ幅について

カードローンの中には限度額が固定された商品もありますが、ほとんどは『最小限度額から最大限度額までの間で決まる』でしょう。

どういうことなのかは、代表的な金融業者を見れば分かります。

会社名 限度額の幅
アコム 1万円~500万円
オリックス・クレジット 30万円~800万円
みずほ銀行 10万円~1000万円

このように、借入先によって最も低い金額も違えば、最大限度額も異なります。

そしてこの金額の間で限度額が定まるので、30万円が下限なのに10万円を希望したり、500万円が最大なのに1000万円を希望したりはできません。

さて、この金額の振れ幅に年収はどのように関わるか、そして他にも左右する要素はあるのか、詳しく見ていきましょう。

カードローンといえば総量規制?年収による制限の正体

「カードローンの限度額は年収で変わる」という意見の答えは、『総量規制』というルールが関係しています。

総量規制が発生するカードローンを使う場合、年収にて限度額に制限がかかります。具体的には『年収の3分の1まで』であり、収入が少ない人にとっては悩ましい決まりでしょう。

たとえば年収が600万円の人だと、最大でも200万円までしか希望できません。それ以上で申し込むと審査に落ちてしまうため、この決まりを知っているかどうかで事前の対応も変わるでしょう。

この総量規制という決まりができた背景には、『制限がなかった頃に破産者が続出したから』といった出来事があります。このルールは年収が少ない人を排除するためではなく、借りすぎ防止の意図が強いのです。

なお、総量規制は『規制が発生する全ての会社で情報を共有』するため、会社を分けても合計金額が到達していれば、審査に落ちるでしょう。
(⇒審査に落ちる見落としがちな条件

むしろ複数の会社から借りると返済が大変なので、カードローンを作るなら1枚に絞ってください。

有名どころも多数?総量規制が適用される金融業者について

総量規制は全ての融資に適用されるわけではなく、『貸金業者』の『個人向け融資』に該当する場合に発生します。

貸金業者とは『消費者金融』と『信販会社(クレジットカード会社)』のことで、代表的な会社について見ておきましょう。

☆消費者金融に該当する会社
・アコム
・プロミス
・アイフル
・モビット
☆信販会社に該当する会社
・オリコ
・オリックスクレジット
・エポスカード
・セゾン

こうして社名を見てみると分かりますが、総量規制が適用される会社には有名どころが多く、これから借りようとしていた人にとっては困るかもしれませんね。

そして個人向け融資に該当するのは主に『カードローン』と『フリーローン』、そして『クレジットカードのキャッシング枠』も関係するのを覚えておきましょう。

銀行なら関係なし!年収で決まらないカードローンの魅力

消費者金融と信販会社は借入先として有名ですが、カードローンを扱っているのはここだけではありません。

預金でもおなじみの『銀行』もカードローンを提供しており、こちらは貸金業者には該当しないため、年収では限度額が制限されないのです。

そのため、銀行カードローンには以下のような特徴があります。

  • 年収が少ない人でも他が良ければたくさん借りられる
  • 本人に年収がない専業主婦でも申し込める

年収で制限されないということは、建前上は『年収が0でも申込資格がある』のです。実際はそんなに単純な審査ではありませんが、事実として「専業主婦の方もお申し込みいただけます」と明記した銀行カードローンもあります。

また、銀行の融資は全体的に低金利なので、負担が少ないのも魅力です。こうした点も加わって、年収が少ない人にとってはかなりうれしいカードローンでしょう。

やっぱり少ないと厳しい?銀行カードローンにも関係する年収

年収で最大限度額が固定されないのが銀行カードローンですが、それはあくまで『総量規制は適用されない』という理屈の上です。

実際に、特定の銀行では自己判断によって年収制限を設けていたり、年収があまりにも少ないと審査に落ちたりするでしょう。

たとえば地方銀行として有名な『山梨中央銀行』の場合、年収にて明確な限度額制限があります。

☆山梨中央銀行のカードローン制限について
山梨中央銀行のカードローンである『waku waku エブリ』では、100万円以上の限度額を希望するなら「年収500万円から」と条件を記載しています。

銀行ではこうした裁量で制限を作っても問題はありませんし、むしろこうして明確にしてくれるほうが、「申し込み前に気付けて親切!」という声もあるのです。

また、銀行は消費者金融よりも審査のハードルが高いため、年収が少なすぎると判断すればあっさり落とします。年収で制限がないことは、『年収に関係なくカードローンが作れる』点とは一致しません。

年収並みに重要?カードローンを作るなら職業もチェック!

ここまでの説明通り、年収は総量規制の有無に関わらずカードローンの限度額に影響を与えますが、年収だけで決まると思っていませんか?

実は『職業』も限度額に関係しており、特定の条件下では年収よりも顕著な影響があります。

総量規制が関わる融資では年収が非常に大事ですが、銀行のような規制外のカードローンだと、職業のほうが大切です。職業が安定していれば長期に渡る返済でも回収しやすく、年収の大きさよりも優先されます。

カードローンの限度額が増えやすい職業については、以下が有名ですね。

  • 公務員
  • 医師
  • 大企業の正社員以上

特に不況下でも強い公務員は最高の優良顧客で、どんな融資方法でも歓迎されるでしょう。一応は公務員でも国家か地方かで評価が変わりますが、どちらも一般的な会社員よりも有利です。

「職業は安定しているけど、年収が微妙かも…」と不安なら、一度申し込んでみると良いでしょう。

不安定だと限度額も低い?融資で不利な職業とは

安定した仕事なら限度額が増えるように、『不安定な仕事だと借入額が減る』のは仕方のないことでしょう。

不安定な仕事にもいろいろありますが、特に下記のような状態だと大金は借りにくいです。

  • パート・アルバイト
  • 派遣社員・契約社員
  • 水商売
  • 自営業
  • 個人事業主

こうしたお仕事なら限度額を上げにくい上、一部のカードローンでは明確な制限もあります。たとえば「アルバイトの方は30万円まで」といったように、年収に負けず劣らず関係してくるでしょう。

不安定な仕事でカードローンを作るなら、少額融資でまずは申し込んでください。後述する実績を重ねれば、多少の不利でも限度額を増やせます。

今までの利用も大事?融資額を増やすなら実績を積むべし

カードローンの限度額を増やすなら年収も職業も大切ですが、「さすがにカードのために転職するのはちょっと…」と考えますよね?

仕事や収入に関わらず安定して限度額を増やしたいなら、『融資の利用実績』を積み重ねるのが一番でしょう。

カードローンを作る前や増額を希望するなら、以下の実績があると大変有利です。

  • 延滞せずに返済している
  • 任意返済などで素早く完済した
  • カードローン以外の融資も問題なく利用している

基本的には『延滞せずに返済を続ける』のが一番地道で効果的です。また、先に住宅ローンなどを利用していると大きな信頼があるため、限度額だけでなく金利面でも有利になるでしょう。

「借金なんてしても良いことない…」なんてネガティブに考えず、自分の将来に役立つと前向きになってください。

減額どころじゃない!?延滞するとカード自体が作れません

返済の実績はきちんと評価してくれるものの、その逆…例えば延滞などをしていると、限度額は小さくなるのでしょうか?

もしもカードローンの利用でマイナスな情報があると、限度額が下がるどころか審査に落ちる可能性が激増します。

延滞以外にも『多重債務』や『債務整理』などがありますが、こうした金融業者に損害を与えた事実は、厳しく審査されるでしょう。「ちょっとだけ遅れたけど、それでもカードローンは無理かな…?」と不安な人は、以下のことを思い出してください。

  • 返済に遅れそうなので先に連絡して相談した
  • 返済日は過ぎるものの返せる日がはっきりしている
  • 2ヶ月以内にきちんと返せた

こうした点がきちんと守れるなら、重度の事故情報にはなりません。どんなに真面目な人でも急な出費などで遅れる可能性はあるため、普段からの対応を大事にすべきです。

制限されても改善可能!融資限度額を後から増やすコツ

年収による制限に到達すると、「結局はこれが限界かぁ…」と思うかもしれません。それで十分だと思えるならともかくとして、今後のことも考えれば、多いに越したことはないでしょう。

幸いなことに、カードローンの限度額は後から増やせるのは説明した通りで、年収による制限は『年収が増えれば』突破できます。

特に1つの会社に長く勤めていると、多かれ少なかれ昇給もあるでしょう。そしてその昇給した事実さえあれば、カードローンの限度額はまだ増やせるのです。

ただ、年収が増えた事実はリアルタイムでは伝わらず、私たちから申告しないといけません。申告もただ単に伝えるだけでなく、年収が増えたという証明書類を用意しましょう。

  • 給与明細(複数月分)
  • 賞与明細
  • 源泉徴収票

こうした書類を提出しつつ増額をお願いすれば、あなたのカードローンはさらに使いやすくなりますね。

【参考ページはこちら】
借入限度額はローン取り引き数によって変わる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ