> > > 内緒で借りたい!主婦が旦那の名義で借入することは可能?

内緒で借りたい!主婦が旦那の名義で借入することは可能?

女性の社会進出が叫ばれるようになっても、わが国ではまだまだ男性が働き家計を支え、女性は家庭に入るというケースも多いものです。実際にお金を稼ぐのは男性でも、それをやり繰りするのは女性という家庭もまた、多いですよね。

でも、家計のやり繰りがいつもうまくいくとは限りません。専業主婦がお金に困ることだってあります。そんなとき、無職である専業主婦は借入しにくいものですが、旦那さんの名義でキャッシングできないかな?と考える人もいるかと思います。

実際のところ、専業主婦が旦那名義で借入することは可能なのでしょうか?不可能ならば、どうすればいいのでしょう?今回は、それについてお話していきます。

専業主婦だけど借りたい!内緒で旦那名義の借入は可能か?

専業主婦が家計のやり繰りに困ったら、旦那さんに相談するのが一番です。無駄遣いを省くとか、お小遣いを減らすとか、旦那さんにキャッシングしてもらうとか、解決策はたくさんあります。

でも、できれば旦那さんには内緒で借入したいと考える人も、中にはいますよね。果たしてそれは可能なのでしょうか?

旦那名義の借入はNG!

基本的に、どんな業者であっても借入の申し込みには本人確認書類が必要です。旦那さんの免許証などをこっそり持ち出して、本人確認書類を提出することもできないことはありませんが、これは倫理的にも法的にもやってはいけないことです。

また、旦那さんがすでにローンカードを持っている場合、「そのカードを内緒で拝借して現金を引き出せばいいのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、これもNG行為です。

利用明細書などでバレてしまう可能性も高いですし、そうなれば夫婦の信頼関係が崩れてしまいます。もしも返済できない場合、最悪の場合は旦那さんに被害届を提出されて犯罪者になってしまう恐れもあります。

このように、基本的に主婦が旦那さんに内緒のまま旦那名義で借入するのは不可能ですし、できたとしても大変リスクの高い方法ですので、オススメしません。

配偶者貸付制度

でも、内緒ではなくきちんと旦那さんの了承を得さえすれば、専業主婦がお金を借りることは可能です。それが貸金業法によって定められている「配偶者貸付」と呼ばれる制度です。

貸金業法では総量規制といって「借入総額は年収の1/3まで」という規則がありますが、これには「夫婦の年収を合算してその1/3まで借りられる」という例外があります。これが配偶者貸付です。
(⇒知っておきたい「総量規制」について

つまり収入が0の専業主婦の場合、旦那さんの年収の1/3までなら借りられるというわけです。ただし、この配偶者貸付を利用するには、以下の書類が必要になります。

  • 旦那さんの同意書
  • 住民票・戸籍謄本など婚姻関係を証明する書類
  • 借入額50万円以上の場合、収入を証明する書類
同意書が必要なので、旦那さんに内緒というわけにはいきませんが、専業主婦でも借入することは可能なんです。ただし、この場合、旦那さん名義ではなく、専業主婦であるご自身の名義となります。

内緒で借入可能!みずほ銀行カードローンは専業主婦の強い味方!

お伝えしたように、専業主婦が誰にも内緒のまま、旦那名義でお金を借りることはほぼ不可能です。配偶者貸付を利用すれば借入できますが、旦那さんの同意が必要でした。でも、どうしても旦那さんに内緒で借りたいという状況だって、あり得ますよね。

そんなとき、主婦でも旦那さんに内緒で借入できるところがあるんです!ここからは、そんな業者をご紹介していきます。

みずほ銀行カードローンの概要

みずほ銀行のカードローンは、本人に収入がない場合でも配偶者に安定継続した収入があれば申し込むことができます。2015年11月から、コンフォートプランとエグゼクティブプランの2つのプランが用意されています。その商品概要は以下の通りです。

種類 金利 限度額
エグゼクティブブラン 3.5~7.0% 200~1000万円
(100万円単位)
コンフォートプラン 4.0~14.0%% 10、20、30、50、100~1000万円
(100万円単位)

どちらのプランが適用されるかは、みずほ銀行側が決めるため、利用者が選ぶことはできませんが、どちらのプランでも、使い道は自由です。また、申し込みできる人の条件として、

  • 20歳以上66歳未満の人
  • 安定継続した収入のある人
  • 保証会社の保証を受けられる人

というのがありますが、配偶者に安定継続した収入があれば、専業主婦でも利用できることになっています。
(⇒みずほの借入額を増やす方法は?

申し込み方法と必要書類

みずほ銀行カードローンへの申し込みに必要なものは

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 収入を証明する書類(専業主婦は不要)
  • 印鑑

となっています。

申し込み方法は、銀行窓口やフリーダイヤルでも良いですが、インターネット環境があるのであれば、ネット申し込みが便利です。みずほ銀行に口座がなくても申し込みできますが、口座をお持ちの方ならすべてをネットで行える「WEB完結」が利用できます。

WEB完結なら最短で即日融資が可能ですので、お急ぎの方でも便利に使うことができます。

専業主婦は限度額に注意

どちらのプランも最大限度額1000万円と、それに連動した金利の低さが大きな魅力の、みずほ銀行カードローンですが、専業主婦の場合は注意が必要です。

本人に収入がない専業主婦の限度額は、30万円までとなっています。なので、自動的にコンフォートプランが適用されることになりますね。100万円までの金利は14.0%なので、専業主婦の場合もこの金利で借入することになります。

ただ、限度額が200万円以下の場合は収入を証明する書類が必要ないので、専業主婦の場合も旦那さんに収入証明を取ってきてもらう必要がなく、家族に内緒で借入することが可能となっています。

困ったときの楽天銀行!スーパーローンは誰でも申し込めます!

もうひとつ、専業主婦でも借り入れ可能な銀行をご紹介します。それが、楽天銀行です。楽天銀行のサイトには、専業主婦専用のページや申し込み窓口が設けられています。それくらい、専業主婦にも優しい銀行なんです!

楽天銀行スーパーローンの概要

誰にでも広く門戸を開放している楽天銀行スーパーローンですが、具体的な商品概要は以下のようになっています。

項目 内容
限度額 500万円(10万円単位)
金利 4.9~14.5%
利用条件 20歳以上62歳以下の人
日本国内に住んでいる人
安定継続した収入のある人、または専業主婦
保証会社の保証を受けられる人
使い道 自由(ただし事業性資金はNG)

楽天銀行のカードローンは、パート・アルバイトはもちろんのこと、申し込める人の欄にはっきりと「専業主婦」と書かれている、稀有な業者です。

申し込み方法と必要書類

楽天銀行スーパーローンの申し込みは、基本的にネットのみとなっています。楽天銀行カードセンターのフリーダイヤルもありますが、こちらは新規申し込みは対象外となっていますので、サイトから申し込むようにしてください。

必要書類は、専業主婦の場合、運転免許証などの本人確認書類のみとなっています。もちろん、旦那さんの収入証明や同意書などは必要ありませんので、内緒で借入することができます。

専業主婦の限度額は50万円

楽天銀行スーパーローンは限度額500万円ですが、専業主婦の場合は最大50万円となっています。そのため、金利は14.5%となります。

また、月々の返済額が借入金額によって決まっており、専業主婦の50万円までの返済額は、

借入金額 月々の返済額
10万円以内 3,000円
10~30万円以内 5,000円
30万円~50万円以内 10,000円

となっています。

楽天銀行スーパーローンを利用するためには、楽天会員になる必要がありますが、入会金や年会費は無料なので安心です。しかも、専用サイトから申し込めば、楽天ポイントがもらえるキャンペーンもありますので、とってもお得です。

旦那名義は無理だけど、専業主婦でも誰にも内緒で借入可能!

ない方が望ましいとはいえ、家族に内緒でお金を借りたい状況は誰にでも起こり得ます。パート・アルバイトでも収入があれば簡単なカードローンも、専業主婦だと厳しいものがあります。

でも、今回ご紹介した銀行のカードローンは、限度額に制限こそありますが、専業主婦でも旦那さんの収入証明不要で借りることができます。旦那さん名義で借りることは無理ですが、本人名義なら旦那さんにも内緒で借入可能なんです!

ただし、返済が滞れば家族にバレる危険性も出てきてしまいます。返済計画をきちんと立ててから申し込みをしてくださいね。

【参考ページはこちら】
専業主婦でも審査に受かる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ