> > > 借入利息はどうやって決まる?融資の気になる要素を解明!

借入利息はどうやって決まる?融資の気になる要素を解明!

融資ではさまざまな条件を見ますが、多くの人が注目するのは『金利』の数値でしょう。これは安いほど支払う利息が軽減されるので、どうせお金を借りるなら、とにかく低金利を目指したいですね。

ただ、この金利は「どうすれば安くなるの?」とか、「どんな法則で変化するの?」という疑問を持ちやすいです。自分の負担に関わるから当然ですが、初めて融資を受ける場合、どんな法則性があるか分かりにくいでしょう。

そこで今回、『金利はどのようにして変化、そして決定するのか?」をご説明いたします。金利について熟知すれば、今よりもお得に借りられるので、融資を使うなら一度はチェックしておきましょう。

融資の金利を決定する要素はコレだ!

融資の金利を決定する要素は主に三つに分かれ、『業者』『金額』『借り入れ方法』になります。

これら以外にもありますが、特にカードローンなどの現金融資を使う場合、大事なのは上記の点です。カードローンは現金融資の中でも使いやすく、以下のような利点があるから使う人は多いでしょう。

  • カード一枚でいつでも融資が受けられる
  • 限度額内なら好きな金額を自由に借りられる
  • 用途自由なお金なので好きなことに使える

やはり『カードを持ってさえいればいつでも借りられる』のが最大の利点で、借りる度に審査を要求される融資を使っていたなら、その利便性に驚くかもしれません。

そんなカードローンの金利が低いとさらに役立つので、金利決定の法則についてもっと理解を深めておきましょう。お得な金利で借りるには、相応の知識も必要です。
(⇒カードローンの金利は複利?

銀行がお得?業者で異なる利息の水準について

それではまず『業者による金利の違い』ですが、以下の表をご覧ください。

会社名 業者の種別 金利
三菱東京UFJ銀行 銀行 4.6%~14.6%
三井住友銀行 銀行 4.0%~14.5%
みずほ銀行 銀行 4.0~14.0%
アイフル 消費者金融 4.5%~18.0%
アコム 消費者金融 4.7%~18.0%
プロミス 消費者金融 4.5%~17.8%

こうして見ると一目瞭然ですが、銀行の方が平均して消費者金融よりも低金利であり、利息負担を減らすなら銀行のカードローンを作るべきでしょう。

もちろん消費者金融は金利以外にも利点はありますが、なぜ銀行と消費者金融でここまで違うのか、その理由を詳しく見ていきます。(こちらもご参考に→キャッシングの利息についてもっと詳しく

審査難易度が関係!?銀行と消費者金融の違いはここにある!

意外に思えますが、銀行と消費者金融の金利の差は、『融資審査の難易度』が関係しているのです。一見して無関係に感じますが、中身はそんなに単純ではないのです。

銀行は金利が低い分、融資審査を厳しくすることで、確実に返せそうな人だけに貸しています。消費者金融はその基準を緩くする代わりに、貸し倒れに備えて金利を多めに設定しているのです。

もしも貸したお金を回収できなければ、金融業者は赤字になりますよね?その時に低金利で貸しているほど損害も大きくなるので、事前に金利を高くしておけば、その損害額も小さくなるでしょう。

「銀行が低金利だから銀行以外で借りるのは意味なし?」と思うかもしれませんが、そもそも融資審査に通らないとお金は借りられませんので、消費者金融にだって強みはあります。

金利と審査難易度を秤にかけて、自分にとってどちらが大事なのか、それを考えてから借り入れ先を選びましょう。

大金を借りるほど低金利!?法律による利息制限を知る

カードローンの条件を見ると分かりますが、金利にも幅があるように、限度額にも幅がありますよね?これは金利の数値と密接に関係しており、片方の変動でもう片方にも影響があるのです。

原則として『借入額が大きいほど金利の数値は低くなる』のですが、これには『法定金利』という、法律によって定められた上限が関係しています。

法定金利とは、『借入額によって設定される利息の上限を定める』もので、そのルールは以下のとおりです。

借入額 金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

大抵のカードローンでは10万円以上からなので、高くても18%までとなります。もしもこの法定金利を超えて請求されていたら、違法業者なので返済義務はありません。

また、100万円からは常に15%というわけではなく、融資の条件を見れば分かるように、そこから段階的に下がっていきます。これは何故でしょうか?

金融業者にとってもお得?利息が法定金利以上に下がる理由

金融業者にとっては、15%以上下げるメリットがなさそうですが、良く考えてください。例えば500万円借りても15%のままだと、利息だけで年間75万円も取られてしまい、利用者は一向に増えないでしょう。

金利を高いままにしておくよりも、低い金利にして大金を借りてもらう方が、結果的には金融業者の利益になります。利息は借入額と返済期間によって増減するので、大金を長期間借りてもらうのが一番利益になるのです。

分かりやすくするために、利息の計算例をご覧ください。

☆10万円を年率18%で180日間借りた場合
10万円×18%÷365×180=8876円
☆100万円を年率10%で360日間借りた場合
100万円×10%÷365×360=98630円

このように、大金ほど返済に時間がかかることも考えると、利息を下げておく方が金融業者にとってはプラスです。もちろん、私たちも低金利で借りられるので、文句はありませんよね?

カードローンは高い!?借り入れ方法で変動する利息の差

最後に『借り入れ方法』についてですが、今回メインで紹介しているカードローンは、実は金利が高めの方法になります。

何故カードローンの金利が高く付くかといえば、『無担保融資』だからです。担保の仕組みについてはご存知ですか?

☆担保について
担保とは、返済が不可能になった際に、借り入れ先に損害の補填として渡すものです。主に家や車、一部の高額な貴金属なども該当し、無担保の場合はこれらの用意が不要になります。

無担保の場合はその人の信頼もそうですが、貸し倒れ時の保証料も利息に含まれるので、カードローンは負担が多いのです。

その分即日融資にも対応しますし、担保になるものがなくても融資をしてくれるので、「金利が高いカードローンは悪徳だ!」とは非難できないでしょう。

ほとんど有担保?低金利の融資は利用状況が限られます

それでは、低金利な融資にはどんなものがあるのでしょうか?

  • 住宅ローン(家が担保)
  • 車ローン(車が担保)
  • 事業者ローン(主に不動産が担保)

これを見れば分かるように、低金利なのはほぼ全てが有担保で、使える状況や人が限られてしまい、低金利の恩恵は案外感じにくかったりします。

それに加え、有担保ローンのほとんどは数百万から数千万単位での借り入れです。そうなると先ほど話したように、『低金利でも借入額が大きいので利息も増える』ので、小口融資のカードローンとそこまで差を感じられません。

一応現金融資でも有担保系がいくつかありますが、担保の用意から審査時間もあり、すぐに対応してもらうのは難しいです。カードローンの金利は高いと文句をいうよりも、利便性のコストとして割り切りましょう。

有担保と無担保の融資を使い分けて、状況に合わせた借り入れを行ってください。

同じ金融業者でも違う?複数の融資プランを比較しよう!

金利の法則は以上となり、これらを踏まえて使う金融業者を選ぶべきですが、実は『金融業者の用意しているそれぞれのプランでも金利が違う』のは知っていましたか?

例えば消費者金融として有名で、先ほども軽く触れたアイフルでは、二枚のカードローンが存在しています。

融資プラン名 限度額 金利 特徴
キャッシング専用アコムカード 最大500万円 4.7%~18.0% 融資機能のみのカード
ACマスターカード(カードローン付き) 最大500万円(ショッピング枠と合計した数値) 10.0%~14.6% 買い物にも使えるカード

単純な金利でいえばキャッシング専用の方がお得になりますが、ACマスターカードならクレジットカードも付帯するため、買い物もしたい人にはおすすめです。

このように、金融業者でも複数の融資プランを用意しているなら、ちゃんと比較しないと良い金利にも巡り会えません。自分が何を求めているか、どれくらいの金利なら我慢できるか…それらを勘案し、最高の融資を受けてみましょう。

【参考ページはこちら】
借入利息は単利と複利でこう違う!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ