> > > 大手カードローンの借入から西日本銀行に変えるメリットは?

大手カードローンの借入から西日本銀行に変えるメリットは?

すでに大手の銀行系カードローンを借り入れしている、という人は少なく無いでしょう。しかしたまにネット上で「西日本銀行やその他の地方銀行のカードローンは悪く無い」というような話を聞いたりしないでしょうか。

口コミや評判も悪くなく、かなり借入をしたら有利に借りられる地方銀行として西日本銀行は紹介されています。ですがすでに大手で借りていてもそんなメリットがあるのでしょうか?

西日本銀行に大手のカードローンから借り変えた時のメリット・デメリットを見てみましょう。

大手銀行系カードローンのメリット・デメリット

大手銀行系カードローンを使っている人にとって見れば、メリットがあるから使っているのだと思います。しかし逆にデメリットなんてあるの?と思うかもしれません。

もちろん大手だからといっていいことばかりではありません。いいこともたくさんありますし、そうは思えないようなこともあるので、両方気にしておかないといけません。

大手銀行系カードローンのメリット・デメリットを表にして比べてみるとわかりやすいかもしれません。

メリット デメリット
大手ならではの安心感
金利や限度額が低め
使える場所が多い
審査が厳しく通りにくい
普通預金口座が必要な場合が多い

このようになっているのではないでしょうか。多くの人もこれなら納得ではないですか?

特にここでポイントになるのは、メリットの「大手ならではの安心感がある」という点と、デメリットの「審査が厳しい」という点でしょう。大手の銀行系カードローンならではだといえます。

審査が厳しくても正社員でしっかり稼いでいる人にしてみれば通りますから、そんなにデメリットには思わないのかもしれません。収入が不安定な場合は厳しいと思いますね。

以上が大手の銀行系カードローンを使う際のメリット・デメリットです。

西日本銀行カードローンのメリット・デメリット

次に地方銀行の中でもよく話題に出る西日本銀行について見てみましょう。西日本銀行のカードローンのメリット・デメリットは下記のようにまとめられると思います。

メリット デメリット
商品数が多く選べる
金利が低くなる場合もある
地方銀行なので不安もある
使える場所が大手よりも少ない

この辺りが上げられます。西日本銀行で気になるのは金利の部分ではないでしょうか。金利が低いという点ですけれども、これは商品によっては低くなります。

また逆に使える場所が少なめというのもデメリットとしては大きいでしょう。もっと使える場所があればと思う人もいるかもしれませんが、地方銀行はどうしても仕方ありません。

そもそも地方銀行はその地方を超えて、貸出をしたりすることが原則ありませんから、ネットで振り込みが出来るだけでもかなり異例の措置だと考えていいでしょう。

西日本銀行のカードローンはこのようなメリットデメリットがある、と思っていいでしょう。

西日本銀行のほうが条件が優れている可能性が高い!

では西日本銀行に大手の銀行系カードローンを使っている人が借り換える必要性はあるのか、考えてみましょう。これは人それぞれといえますが、中には借り換えたほうがいいという人もいます。

少なくない人が大手でのカードローンを使っていても、西日本銀行に借り換えるだけの理由があるといえるでしょう。その理由の一番は条件面です。大手よりも条件面がいい事が多いのが西日本銀行です。

借入をするとした場合、6つのカードローンがあります。そのなかでも自由に使えるフリーカードローンは下記の3つです。

  • キャッシュエースプラス
  • キレイのトビラ
  • V class

この3つの商品がフリーカードローンです。この3つを上手く使うことができれば、大手の銀行系カードローンよりも有利に使えるでしょう。

金利を安くしたい!という人は西日本銀行に借り換えよう

まずおすすめできる人の一つ目が金利を少しでも抑えたいという人です。金利を抑えたいという人は西日本銀行に借り換えることを検討してみるといいでしょう。

ただし、何でもかんでも西日本銀行のカードローンのほうが金利が低いということはありません。キャッシュエースプラスについては大手の銀行系カードローンよりも少し高めになっています。

しかしそれ以外のキレイのトビラとV CLASSは金利がかなり優遇されています。キレイのトビラは女性専用、そしてV CLASSはある程度収入が安定して多い人だけが使えるものです。

ですのでこの条件に当てはまっているのであれば、借入を検討してみてもいいのではないかと思います。大手よりも西日本銀行のほうが条件がよく借り入れ可能なのですから。

借入限度額を少しでもいいからあげたい人もおすすめ

もう一つおすすめしたいのは借入限度額を上げたいという人です。借入限度額をあげるなら、極度額が高い大手のほうがいいんじゃないの?と思っている人は多いでしょうが、それは逆です。

大手は確かにみずほ銀行カードローンであれば1000万円まで、バンクイックも少ないとはいえ500万円まで借り入れができます。十分な金額で西日本銀行のキャッシュエースよりも多く借入は可能です。

しかし実際にそれだけの借り入れをするためにはかなりの信用が必要です。具体的には返済の実績、そして収入の高さと収入が安定していることが条件となります。

ですので実際には多くの人が極度額ギリギリまでカードローンで借りることは不可能なのです。そして限度額の審査も厳しいですから低めに設定されがちです。

だからこそ西日本銀行に借り換えると、その低めのカードローン限度額が少し高くなる可能性があります。10万円や20万円くらいのものですが、それでも枠が大きくなるのはありがたいことです。

結果として極度額が低くても、与えられる限度額が高くなります。西日本銀行のほうが少し甘めに査定してくれるというわけです。というわけで、借入額を多くしたい人にも借り換えはおすすめです。

条件やその他で大手よりも優秀な地方銀行もある!

以上のように見ていただいたと思いますが、大手の銀行系カードローンを借りていたとしても、それを上回るだけのメリットを出してくれることが西日本銀行の場合はあるのです。

これは何も西日本銀行だけではありません。地方銀行、そして信用金庫の中にはこういった西日本銀行のような、金利を低くしてくれたり借りやすかったりする金融機関があるのです。

なかなか若い人ほど、そして都会に住んでいる人ほど地方銀行というのは使う機会がないかもしれません。しかしそれでも近くを見てみると意外に金融機関は存在しています。

大手のカードローンばかりではなく、たまには地方銀行や信用金庫のカードローンを調べてみるといいでしょう。かなり借りやすく、条件のいいものも揃っているのです。

西日本銀行はその筆頭です。大手の銀行系カードローンを使っている人も、借り換えを考えてみることをおすすめします。

フリーカードローン以外も西日本銀行は充実している!

最後にフリーカードローンを中心に紹介しましたが、西日本銀行のカードローンはそれ以外にも充実しています。それも西日本銀行が評判が良い理由の一つでしょう。

フリー以外の商品は3つあり、一つ目が教育カードローンです。子供の教育費のために使うのであれば、優遇した金利で貸してくれるというもので、少額融資にも使えます。

2つめが奨学金のように使える学費ローンです。これは大学や専門学校に行く時に使うことができるもので、かなり金利は低めです。在学中は2%、卒業後も4.8%という低金利で借り入れが可能です。
(⇒教育資金を借入するならどれ?

最後がリバースモーゲージというシステムをカードローンで行っています。これは家と土地を担保にお金を借り入れするものであり、老後に使うことが想定されている借入です。

以上のようなカードローンもあるので、西日本銀行は十分大手よりも魅力的ということが言えるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
銀行の借入には保証料がかかる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ