> > 年収が少ない人でも借入したい方の為の記事まとめ

年収が少ない人でも融資を受けられるようになるコツを紹介!

年収の数値というのは、その人のステータスとして色んな場所で注目を集めるでしょう。お金だけとは言いませんが、年収が多いというのはそれなりに社会的な地位もある場合がほとんどです。

それゆえに何か申し込む時は年収も記入する場面があったりしますし、さらにはお見合いサイトなどでも年収の記入が必須だったりします。お金が重要な意味を持つ資本主義にとって、年収というのはやはり見逃せない点なのです。
(⇒年収の3分の1以上の借入は無理?

特にお金に直結するサービス…融資関連に関しては、年収が無関係という事はまずありません。基本的に年収が無い人はお金を借りる事もできませんし、後払いの際に使うクレジットカードでも不可能となります。

収入が無いという事は著しく信頼を損なってしまう状態ですので、仕方が無い事ですね。年収が多いなら融資に申し込むとすんなり通りますし、場合によっては相手の方からカードローンなどのお誘いが来る事もあります。しかし、年収があるけど少ないという場合、どうでしょうか?

年収が少ない人は、融資審査に落ちる可能性がどうしても高くなってしまいます。年収が少なくて毎月ギリギリな生活をしていると、お金を貸しても返済分まで用意ができないと思われやすいからですね。年収=返済能力というのはやはり否めないわけなのですが、年収が少ない人はなかなか融資審査にも通過出来ないと決まったわけではありません。

年収が少ない人でも、融資審査に通過する方法というのはいくつかあります。例えば、希望限度額が低いカードローンの場合、さほど審査が厳しくありません。

大金を借りられるカードの場合は相応に審査も厳しいわけですが、少額なら金融業者側のリスクが低い事もあり、わりと融資にも積極的です。ただ、リスクが低いと言っても借りたお金を返せないとペナルティはありますので、少額と言えど借りるならしっかりと返していく気概が大事です。

また、どのように働いているかというのも大事です。年収が少ないけど安定した仕事だと、年収が多いけれど不安定な仕事よりも融資審査で有利になりやすいです。

何故なら、雇用が安定している場合は毎月少額といえど、きちんと長期に渡って返済する能力があるという事になりますので評価は高くなります。しかし不安定な仕事だと急に収入自体が無くなり、一気に滞納状態に陥りやすいのです。薄給でも正社員であるのなら、金融業者の評価はさほど低いわけでは無いのですね。

さすがに住宅ローンなどでは年収が低いと厳しいですが、カードローンといった小口融資ならいくらでも通りようはあるのです。

【参考ページはこちら】
年金受給者でも借入はできる?

借入は年収の何倍まで許容範囲?知っておいて損はない借入の知識

借入において重要となってくるのは、年収の何倍までが借入の許容範囲なのか?という点です。 ですが、許容範囲について明確な答えは存在しません。銀行やサラリーマン金融によって借入の制限が異なっているためです。 なので、今回は年収の何倍までが借入の制限となっているのかを案内していきます。 カードローン審査に通りやすくなるような役立つ情報も記載されているので、借入に対して前向きな検討をされたい方にとっては、役立つ情報が多いでしょう。 なぜ違う!?銀行とサラリ...

収入が低くて借入額が少ない…借りれる額を増やす方法はある?

「借りれる額が少ない…」こういう時に一番最初に考えられるのが、増額です。増額をすれば限度額を上げてくれるので、借りられる金額を上げることができるでしょう。 ただ増額できるのもそれなりに収入があるということが前提になっています。収入がないと増額をすることもできなくなるのです。収入が少ない人は一体どうやって借りれる額を増やせばいいのでしょうか。 借りれる額を増やすための王道は収入を増やすこと! 借りれる額を増やすための王道としては、収入が多い・少ないであ...

年収から借入可能額が決まる?カードローン限度額の仕組みとは

カードローンを作りたいなら、『年収』は審査で欠かせないステータスです。年収が多いと毎月の返済も安定するため、いわゆる富裕層は金融業者にとっても優良顧客でしょう。 年収の数値は審査の通りやすさに関わるだけでなく、『借入限度額』の決定にも影響があります。人によっては「大体これくらいは借りられないと困る…」という事情もあるため、年収による制限は気になりますよね? 大金を借りたい場合もかなり重要なポイントなので、申し込み前には把握しておきましょう。 限度額に...

あなたはどのくらいの収入?借入の最低条件はこの金額!

お金がないから銀行や消費者金融からお金を借りる。これって当然のことですね。むしろ、お金があればお金を借りる必要なんてないわけです。 とはいえ、あまりにもお金がなさすぎると、借りることすらできないことをご存知でしょうか? お金を借りるには、最低限の条件を満たす必要があります。 その条件の中に「収入」についての項目があります。この項目を満たしていない人が、お金を借りるのは難しいと言えるでしょう。借入の最低条件として、必要な金額はどの程度なのでしょうか? ...

低収入でもOK!年収の3分の1以上借入する方法とは?

カードローンでお金を借りる場合、年収により制限されるケースがあります。その場合は『年収の3分の1まで』が最大限度額になり、低収入だと希望額に届かない可能性もあるでしょう。 しかし、この3分の1という制限以上に借りる方法もあり、大金を用意する際にはぜひ知りたいですよね?借りすぎて破産するのはダメですが、計画的に返せる場合、大きな力となってくれます。 年収による制限を突破する融資方法について、今回は3つほどご紹介いたします。限度額の制限が気になっていたなら...

年収400万の人へ、借入限度額を最大限まで高める方法!

年収400万円くらいの人ってそんなに少なく無いですよね。むしろ一番正社員で働いている人にとっては標準的なレベルの年収ではないでしょうか。 ですので借り入れをすること自体は特に問題はないと思います。しかし、年収400万だと借入限度額にちょっと少ないな…とか思う時もあるかと思います。 そこで借入限度額を最大限にするためにはどうしたらいいのか?年収400万くらいだったらどのくらいまで上げることができるのか?をご紹介しましょう。 借入限度額はどうして少なく設...

年収の3分の1以上の借入は不可!?知っておきたい総量規制とは

個人でお金を借りる場合、「年収の3分の1以上の借入は不可」だと聞いたことはありませんか?実はコレ、ある法律が関係しているのです。 年収の3分の1以上はNGだと言われている理由、この法律が定められた目的をきちんと認識している人は少ないかもしれません。 制定された理由、例外・対象外となる事例、借入を考えているなら必ず知っておきたい「総量規制」について、しっかりチェックしておきましょう。 総量規制は借り手の保護の為!?借入上限が定められた目的 「年収の3...

借入時の年収って誤魔化したらやばい?審査への影響を考える

借入審査では、当然年収が多いほど有利になります。高所得者ほど大金を借りられますが、実際は所得に余裕がない人ほどカードローンに申し込むため、「もっと借りたいから年収を誤魔化そうかな…?」と考えるでしょう。 申し込む際の年収欄は自己申告なので、多めに書くことは簡単です。年収が1000万と300万では全く審査結果は異なりますが、本当に誤魔化せるのでしょうか? ちょっとでも有利に借りたいと願うなら、今回の記事を読み、『年収を誤魔化すとどうなるか』を理解しましょ...

年収別カードローン・キャッシングの借入限度額はこれだ!

カードローンやキャッシングを使うときに少額なら問題はないでしょうが、ある程度の金額になると「使えるのかな?」と気にする人は多いでしょう。例えば10万円ならまだしも30万円となると使えるか?というわけです。 実際、使えない人も使える人もいるわけですが、どのくらい使えるのか?借入限度額はどの程度なのか?年収別でわかりやすく表しているものがほしいと思います。ですので、年収別での借入限度額をこちらでチェックしてみてください。 銀行系カードローンの年収別借入限度...

カードローンでは年収が借入額に大きく関わるって知ってますか?

以前のカードローンでは年収の額によっての融資制限はなく返済さえきちんと行われていれば、限度額もどんどん上がっていった、なんて事がありました。 それに歯止めがかかったのは、貸金業法が改正され、総量規制が施行されてからの事です。ここでは年収がカードローンの融資限度額に大きく関わっている事や総量規制について詳しくお話ししますね。 自分の年収ではどのくらい借入できるの?その疑問にもお答えしましょう。これからカードローンに申込む為の参考にして頂ければと思います。...

1 / 212
新着記事
カテゴリー
ページトップへ