> 融資の疑問に答えた記事一覧

どれから返せばいいのか分からない人必見!複数借入返済のコツ

消費者金融や銀行、いくつかから融資を受けて多重債務になっている人は、100万人以上いると言われています。借り入れしている人も1400万人はいると言われているのですが、その割合を考えても多いと思われます。 「あちこちにある返済を遅れなく返済するには、どのようにしてやりくりすればいいのだろう。」多重債務に陥った人達の多くの悩みは、そのようなことではないでしょうか。 確かに返済日がいくつもあると混乱してしまいますし、ひと月の返済金額がいくらかもわからなくなっ...

出来る?どうなる?即日借入の即日返済について

消費者金融や銀行からお金を借りるのは、もちろん予定を考えてのこともあるでしょうが、大抵は急を要することが多いでしょう。 場合によってはタイミングとして一時的に必要で、そのタイミングさせ乗り越えればやり過ごせるということもあります。そんな場合は、利息を考えて早めに返済したいと考えるものです。 もし、借り入れをしたその日のうちに返済する目途がある場合、それはできるのでしょうか?考えてみたいと思います。 今は即日融資ができる金融機関は多い! カードローン...

どのような法律?借入限度額が決まってしまう「総量規制」とは

消費者金融からお金を借りる時に見る商品説明には、限度額の表記があります。当たり前のことでしょうが、借り入れできるお金の上限になる金額です。 限度額は審査によって決まるのですが、ただ審査以外の要因もあることはご存じでしょうか。 審査項目の一つとして捉えることもできるのですが、厳密に言うと法律が大きく関係しています。「貸金業法」の「総量規制」がこれに当たり、限度額の決定に影響を与えます。 この「総量規制」ですが、どのような法律なのでしょうか。また、限度額...

金額が増えれば利率はどうなる?利率を低く借入する方法について

お金を借りる際、どこから借りるのか融資先を決めるのにまず着目するのは、利率の数字でしょう。 それだけ金利の違いは大きなポイントですし、利率が低ければ低いほど、借りる側の負担が少ないのも事実です。 しかし、例えば利率が5%~10%となっている場合、自分は5%だと思って借りたら実際には10%だった、となる可能性があります。そんな時、自分が思っていた利率と実際が違っていたりすると、ショックは大きいはずです。 一見分かりやすい様で実は分かり難い金利と金額につ...

知ってる?ローン借入限度額が何社取引してるかで変わるって事!

ローンの借入限度額はどのように決定されるのでしょうか。借入限度額というのは、それがその顧客にとって無理なく返済できるという目安で決められる融資金額の事です。 この限度額、消費者金融のカードローンでは他に何社かの取引がある場合は、その限度額によって変わってくることを知っていますか。その原因は貸金業法の総量規制にあります。 ここではその総量規制の事やカードローンの限度額がどのように決められるのかを詳しくお話ししてみますね。これからカードローンの申込みを考え...

大丈夫!複数借入がある場合でも借入が出来る方法教えます!

総量規制の為に今まで借入出来ていたカードローンが借入不可となってしまった。これでは複数社での借入がある場合は本当に不安になりますよね。でも大丈夫です! 複数の借入をまとめるおまとめローンをはじめ、複数社での借入があっても新たに借入する事も出来ますよ。今回はそういった複数借入がある場合の借入について詳しくお話ししようと思います。 複数社での借入のある人で、さらに借入を希望している人必見です!参考にして下さいね。 知っていますか総量規制の事 貸金業法の...

絶対にカード借入したい人必見!複数借入は審査に落ちる原因

カードローン借入したい理由は、急にお金が必要になったり、毎月の収入では足りなくなった時ですよね。けれど、申し込んだからと言って必ず借入れができるわけではありません。 カードローンには審査が必ずありますので、その審査に落ちる人もいるのです。審査に落ちてしまうと借入れは出来ませんね。つまりカードローンで一番の悩みと言えば、「審査に落ちる」ことですね。 ここではカードローン審査に落ちる理由をあげて、複数ある理由の中でも複数借入れをしていると、審査に通りやすい...

急な出費に対応!即借入したい人にオススメなところ

「急に上司から飲み会に誘われてしまった!」「今月の生活費が足りない…」お金が必要になる時っていろいろありますよね。そんな時に「友達や家族からお金を借りる」という人もいますよね。けれど、何度も借りていると借りにくくなったりします。 「それなら、どうやってお金がないピンチを乗り越えたらいいの?」なんて聞こえてきそうですが、銀行や消費者金融から借入してみてはいかがでしょうか?実は、あなたが思っているよりも利用している人は多く、しかも簡単に借りることができるので...

教育費の借入!教育ローンvsカードローンの違いを紹介

子どもを育てる上で、避けて通れないのが「教育費」ですよね。教育費の家計に占める負担割合も平均38.6%と、かなり家計に負担がかかってしまいます。 細かく見ると年収200万円以上400万円未満の世帯では、教育費の負担割合が58.4%とかなりの金額が教育費としてあげられています。教育ローンを利用するのも、うなずけますよね。 教育ローンと聞くと公的教育ローン・民間教育ローンだけだと思い込んでいませんか?ここでは教育ローンを紹介しつつ、カードローンも紹介してい...

平均値はどれくらい?カードローンの借入利率を徹底比較!

カードローンを選ぶ際は、さまざまな項目を見て決定しますよね?中でも多くの人の注目を集めるのが『金利』で、この値が低いほど優秀なプランだといえます。 この金利の数値は比較すると分かりますが、会社によってある程度の差がありますよね?「どんな会社でも借りられればそれでいいや」なんて考えていると、金利の違いに後悔するでしょう。 良いカードローンを選ぶなら、最低でも『業者の種類による金利の平均値』を知っておく必要があります。これを理解すれば、金利で損をすることは...

新着記事
カテゴリー
ページトップへ