> > 様々な職業と融資の可否について

様々な仕事と融資の可能不可能について解説した記事特集です!

どんな仕事であれ、他人に迷惑をかけずに収入を得て、そして生活が出来ているなら立派な職業と言えます。職業によって極端に評価を変える人が居ますが、基本的に職業に関しては貴賤無し…と考えてもらって構いません。どんな仕事でも社会に貢献しているのなら、日本を形作る一員なのです。それを踏まえて各自の仕事を遂行する事がまず社会人に求められる第一の資格と言えるでしょう。(こちらもご参考に→キャッシングをするための職業

しかし、それには建前という部分が無いわけでもありません。仕事によって携わる内容が違うように、必要とされる能力が異なれば与えられる報酬が異なるのは当然ですね。そして収入が異なれば見られ方も変わってしまうように、仕事による与える印象はどうしても変わってしまいます。

正社員とアルバイトの方が並んでいると、どうしても正社員の方の方が評価されてしまうのと同じ理屈です。資本主義という社会が形成されている以上、報酬の大きさや安定感というのは、そのままその人の評価に直結してしまうのです。
(⇒バイトでもキャッシングしたい方必見!

こうした金銭的な評価を重要視するのが、融資という分野です。融資ではお金を必要としている人に貸し付けて、利息も合わせて返済してもらう事で利益を得る業者です。慈善団体では無く事業なので必ず借りられるわけではありませんが、その分利用するこちら側としても審査にさえ通れば気兼ねなく借りられるという利点があります。

しかし、融資では貸したお金の回収のためにどうしても収入周りの審査をする事になり、最初に話した仕事や収入というのが審査においてかなりのウェイトを占める事になります。

職業によっては融資審査に有利になるものもあれば、逆に不利になる事もあります。それどころか、仕事内容のせいで審査落ちしてしまうなんて事もあり得ます。これは差別というわけではなく、金融業者の営利を回すだけで無く、そもそも私たち自身を守る事にも繋がります。

金融業者が返済出来ないと判断する人に融資をしても、返せずに遅延損害金にて返済額を膨らませたり、裁判になってより面倒な事になったりするのですから、審査に落ちたというのはこちらにも原因があるのですね。

審査に通る職業の代表格としては、公務員と言った安定した立場となります。他にも知らない人は居ない大企業の正社員など、収入も安定感も伴っている立場なら融資審査にはあっさり通過できるでしょう。とはいえ、過去に融資で問題を起こすなどしているとダメな場合もあります。

逆に厳しいのは非正規雇用の方や、水商売など安定しにくい立場です。しかし、収入があるなら相応の融資を受けられますので、絶対に無理とも言い切れないのは重要なポイントです。

【参考ページはこちら】
日雇いだってキャッシングできる?

公務員の借入が一番有利ってホント?カードローン審査の実態

カードローン審査では、申込む人の職業によって審査の通りやすさに差があるなんて言われています。中でも公務員が一番評価が高いらしいのですが、それって本当なんでしょうか? 自分の職種がカードローン審査では一体どのような評価を受けるのか、これはどなたにとっても大変気になるところですよね。 カードローンの審査でも、やっぱりステイタスが重視されるんでしょうか?気になるそこのところを掘り下げてみました。あなたが審査を受ける際のヒントになれば幸いです! 職業で審査へ...

店に確認されたくない!水商売でも安心して借入するならココ!

「水商売だから、借入したくても申し込めない…」「どうせ借りれない」「店に確認の電話をされたら迷惑!」何て思っていませんか? これらを気にしなくても良い借入先があれば、安心して借入できますよね。そこで、ここでは水商売でも安心して借入れできるところを、紹介していきます。 (⇒様々な職業の方におすすめのキャッシング) 実は、「水商売だから借入ができない」というワケではないのです。なぜ「水商売は借入がしにくい」と思われるのか原因を説明しながら、その解決策を紹介...

担保不要でも枠なし融資!借入するならプロパーで!

お金を借りる方法はたくさんあります。その中でも、事業に使うお金を調達する時は、様々な手段を考えるでしょう。 近年ではプロパーによる融資が増えています。じわじわと人気を博しているこのプロパー融資、一体どういったものなのでしょうか。 一般的な融資と違う点は何なのでしょう? 一般的な融資とプロパー融資を比較し、いざ融資を受ける時、最善の選択ができるようにしておきましょう。 今の時代ならでは!知っておきたいプロパーのこと 融資の形態はさまざまですが、プロパ...

職業は何て書く?必要な年収は?アパート経営者が借入するには

最近では株やFXなど、不労所得で収入アップ!なんて本やニュースがよく見られるようになっています。昔ながらの不労所得といえばアパート経営などの家賃収入ですよね。最近はサラリーマンでも副収入としてアパート経営をしている方も見られます。 しかし、ふと疑問が。アパート経営のような不労所得で暮らしている方がカードローンを利用する場合、職業欄にはどう書けばいいのでしょうか?そもそもお金を借りることは出来るのでしょうか?最近脱サラしてアパート経営一本になった、という方...

日雇いだって借入できる?在籍確認できない職業もコレでOK!

お金を借りるのに職業は関係ありません!安定した収入さえあれば、どなたでもお金を借りることができます。 しかし収入が一定しない日雇いだとちょっと不安です。そこで日雇いのどんな部分が問題になのか、徹底的に考えてみました。 在籍確認などちょっとしたことが原因で審査に落ちてしまわないよう、ちょっとした知識とコツをご紹介しましょう! 日雇いでもカードローン申込みは可能なの?徹底検証! 1日から数日単位でお金を稼げる日雇いは、短期間しか働けない人には最適ですよ...

派遣社員は借入できる?借入可能金額と年収の目安をご紹介

ちょっと支払わなきゃいけないお金がある、欲しいものがあるけど今手元にあるお金が足りない、そんな時お金を借りることが出来れば助かりますよね。 しかし、友人や家族に「お金貸して!」とは言いづらいものです。そんなとき便利なのが消費者金融からの借入です。 ただ、消費者金融からお金を借りる際、審査に通る必要があります。その審査では、当然正社員であり収入が多く安定している方が有利とされているのです。 今は派遣社員なんだけど審査って通るの?いくら借入できるの?いく...

絶対に知っておきたい!借入れ審査に通る適当な職業

借入れ審査に通る適当な職業と言えば、「公務員」が挙げられますね。ついで大手企業、中小企業となりますが、今更「審査に有利だから」といってカンタンに職業を変えられるものではありません。 ここでは、借入れ審査に通りやすい職業はもちろんのこと、その他の雇用形態や年収、保険証の種類なども紹介して、どういった条件が審査に有利になるのか紹介していきます。 勤続年数も審査に影響してきますので、勤務先や雇用形態が審査に不利だな…と思った方は、勤続年数を長くして、収入の安...

新卒だけど借入したい!新卒でもお金を借りる方法教えます!

長い学生生活をようやく終えて、内定も決まり、社会人生活に向けて準備をしている新卒の方の多くがあることで悩んでいます。それはお金がないこと! 親にはもう頼れないし、アルバイトは就職活動のためにやめてしまったけれど、社会人生活をスタートするために引っ越しや、スーツなどにお金が必要という人は少なくありません。 そんなときに頼れるのがカードローンなのですが、はたして新卒でも借入することは可能なのでしょうか? 就職準備にお金が必要!新卒でも借入できる? 新卒...

公務員の人に朗報!簡単に借入限度額をアップさせるテクニック

単純な属性の話であれば、職業で公務員が有利というのは誰でも知っている話です。ですが、属性を限界まで利用すると、どのような業者で公務員がローンできるのかに関しては、知らない人も多いかと存じます。 そのような人に役立つ情報であり、また借入限度額に関係している話を今回はまとめました。特に実際に何という業者が利用されているのか?に関しても追求しています。 公務員なら借入限度額が高いというわけではない 公務員というと「信用が高い、属性が高い」と言われています。...

収入?将来性?なぜ公務員は借入で優遇されると言われているのか

一口に「借入」と言ってもその範囲は広く、カードローン・フリーローンなどの「現金を借りる」ものから、自動車ローン・住宅ローンなどの「大金が必要な買い物の資金を借りる」ものまで、実に多くの種類があります。 そして、巷ではどのローンでも「公務員は借りやすい」と言われています。では、公務員はなぜ借入で優遇されると思われるのでしょう?また、その評判は、どこまでが本当の話なのでしょうか? 借入で最も重要な「安定継続した収入」が容易に判断できる ローンの審査では、...

1 / 212
新着記事
カテゴリー
ページトップへ