> > 融資をもっとお得にする利息について

融資をお得に使う為に読みたい利息に関する記事一覧はこちら!

融資というのもサービスなので、お得に使うかどうかというのも焦点となってきます。お金を借りるのにお得も何も無いのでは…と考えているかもしれませんが、それはまだ融資という物を知らないからなのです。

融資も受け方によってはとてもお得に感じる事がありますし、逆に後から激しく後悔するほど損をしてしまう事があります。最も、昔のような暴利の貸し付けは姿を消しておりますので、闇金でも使わない限りは酷い目に遭う事は無いでしょう。(こちらもご参考に→街金とヤミ金の見分け方

とはいえ、少しでもお得に融資を使う場合に重要なのは、何だと思いますか?ポイント還元をしているような融資も現在は存在していますし、確かに何もポイントが無いよりもそれはお得に映るでしょう。

しかし、融資でお得に直結している要因と言えば、やっぱり利息を差し置いて他なりません。利息というのは、ズバッと説明するなら『融資の利用手数料として借りた分以上に返すお金』の事です。融資は慈善事業ではありませんから、こうした手数料を払う事で初めて利用可能となるのです。

低利息、という言葉を耳にした事はありませんか?これは読んで字のごとく、支払う利息が少ない状態を指します。低利息と言ってもそんなにお得じゃ無いと感じる事もあるのは、どの利息からお得かなんていうのは金融業者に委ねられているからなのですね。

例えば人気の無い本でも『人気御礼!』と帯に書くように、もはや社会通念と言えるものです。こう説明すると何だかろくでもないように聞こえてしまうかもしれませんが、事実として低利息と言える水準の業者も多いので批判するほどではありません。

低利息にてお得に融資を使うならそういった業者を選ぶのも大事ですが、絶対お得な融資で受けられるというわけではありません。何故なら、借りる金額によって利息も決まっているからなのです。

カードローンを見れば分かりますが、利息に一定の幅があり、上限値と下限値があります。これは基本的にたくさん借りるほど下限に、少額融資ほど上限に近付きます。つまり、たくさんお金を借りられる…それなりに収入などに余裕のある人じゃ無いと、低利息というのは上手く巡り会えないというわけです。

また、消費者金融と銀行を見比べると分かりますが、銀行の方が平均して低利息なのが分かると思います。これは銀行が審査を厳しくしている代わりに確実に返してもらう人にだけ貸す事で、低金利ながらも利益を十分出しているという理論に基づいています。

消費者金融はその逆に審査に通りやすいので、もしも融資審査に通る自信が無いなどで無い限りは銀行を使っていく方が良いという事でもあるのです。

【参考ページはこちら】
金額が増えると利率はどうなる?

初めての借入であれば利用可能!無利息サービスを活用しよう

これからカードローンでお金を借りてみようかな…と思っているアナタ。そんなアナタにピッタリなシステムがあるんです! それは「無利息期間」。その名の通り、その期間の利息はなんと0円になる、とってもとってもありがたいシステムです。 いくつかの銀行カードローン・消費者金融カードローンでこの無利息期間サービスを提供している会社があります。金利やサービス面なども含め、無利息期間があるカードローンを一挙紹介します! 無利息期間を利用する前に!知っておきたいメリット...

早く返済すれば違う!?借入金の利息を減らすコツとは

カードローンなどでお金を借りる場合、『返済は早いほうが好ましい』といわれます。確かに完済後は返済日の管理も不要なため、余計な不安から解放されるのは無視できませんね。 しかし、借入金の素早い返済には他のメリットもあります。たとえば『利息負担の軽減』につながるのはご存じでしたか?利息の支払額が減れば、恩恵としては非常に大きいでしょう。 借入金を素早く完済し、負担を少なくするコツをご紹介いたします。 計算式から分かるカードローンの利息負担額について 最初...

元利均等払いで利息の計算すると借入金完済までいくらかかる!?

どうしてもまとまったお金が必要になった時、どうします?毎月少しずつ返済できるのがいいんだけど…それならカードローンでの借入れはいかがでしょう。 カードローンは便利で良いけれど、利息がかかるからと思っていませんか?借入れをして元利均等払いで返済した場合はいったいどのくらいの利息が必要になるのか、わかりやすくお話ししましょう。 随時返済や一括返済についても触れますので、借入れの参考にして頂ければと思います。 金利は高いものと考えていませんか? 例えば気...

気になる金利!期間が長くなれば借入の利率は下がりやすくなる?

期間が長くなれば借入の利率は下がることが多いです。ですが、近年ではそのようなカードローンも減ってきました。 というのも、今ではカードローンにも別の種類が存在するからです。例えば、借入限度額やプランによって借入の利率が変化するものもあります。 それだけでなく、借入そのものに対して利率が固定ということまであるので、長期間の大きな借入以上に金利が安い商品もあるのです。 今回は、そんな多様化しているカードローンについて案内していきます。 借入次第で利率が安...

借入利息分は元金と一本化!意外と知らない借入基礎、元加を解説

「元加式」という利息の請求方法をご存じですか?これは、発生した借入利息分が、元金と合計された後に請求される方式のことです。借入利用者は、利息と合計された元金全体に対して返済をしていくことになります。 返済が順調にできていると違いがわかりにくく、借入を利用したことがある方でも、意外と知らないことのある請求方法です。 しかし元加式は、返済が順調にできないと借金が雪だるま式に増える…という一面もありますので、基礎知識として知っておかれることをオススメします。...

借入利息の基礎知識!3種類の期間利息の中で重要なものを紹介

銀行や消費者金融などで、まだ一度もお金を借りたことがない方はおられませんか?そのような方に向け、借入利息の基礎知識をご紹介します。 借入利息がどれくらいかかるのか、期間ごとの利息表示が3種類あります。その中で重要なのは、年間でかかる利息表示である「年利」です。現在、借入の利息表示は年利が標準となっている上、年利を使えば他期間の利息も計算できるからです。 借入利息は、「年利」で覚えると便利ですよ。それ以外の表示は、年利への直し方だけ知っておけばOKです。...

借入金利息は複利と単利でこう違う!賢く借りてよりお得に!

単利と複利、なんだかややこしそうですが、どなたでも一度くらいは耳にしたことがある単語ですよね。これは利息の付き方の種類を意味しています。 カードローンなどの利息計算は企業にお任せですから、普通はこんなこと知らなくても問題はありません。しかし、ただひとつだけ知っておいた方がいい理由があります。 それは延滞に関すること。延滞を軽く考える方は多いのですが、延滞すると急に負担が増えてしまうのは、実はこの利息の付き方とも深く関わっているのです。 (⇒カードローン...

金額が増えれば利率はどうなる?利率を低く借入する方法について

お金を借りる際、どこから借りるのか融資先を決めるのにまず着目するのは、利率の数字でしょう。 それだけ金利の違いは大きなポイントですし、利率が低ければ低いほど、借りる側の負担が少ないのも事実です。 しかし、例えば利率が5%~10%となっている場合、自分は5%だと思って借りたら実際には10%だった、となる可能性があります。そんな時、自分が思っていた利率と実際が違っていたりすると、ショックは大きいはずです。 一見分かりやすい様で実は分かり難い金利と金額につ...

平均値はどれくらい?カードローンの借入利率を徹底比較!

カードローンを選ぶ際は、さまざまな項目を見て決定しますよね?中でも多くの人の注目を集めるのが『金利』で、この値が低いほど優秀なプランだといえます。 この金利の数値は比較すると分かりますが、会社によってある程度の差がありますよね?「どんな会社でも借りられればそれでいいや」なんて考えていると、金利の違いに後悔するでしょう。 良いカードローンを選ぶなら、最低でも『業者の種類による金利の平均値』を知っておく必要があります。これを理解すれば、金利で損をすることは...

借入の前に一度はやるべき!?借入利息計算で見えて来るもの

あなたは、お金を借りる前に利息計算をしてみましたか?この手の計算って、やるべきだということは解っていても、なかなか出来ないもの。 でも利息を計算するだけで、色んなことが見えてきます。ただ決まった額を何となく返済していた時とは、何かが違って来るかもしれませんよ。 とは言っても面倒だというのはよく解ります。そんな方のために、これから順を追って利息計算の手順をご説明していきます。読むだけですからカンタンですよ。ではどうぞ! あなたは返済総額を知ってますか?...

1 / 212
新着記事
カテゴリー
ページトップへ